iframe

URLが登録されていません。

メニュー

学校紹介教育ビジョン(イメージ図)校長室の窓から学校行事学習活動進路状況部活動・生徒会ボランティア活動チャレンジグループ活動ステージグループ保護者の皆さまへ卒業生の皆さまへ中学生の皆さまへ地域の皆さまへ事務室より月報・お便りフォトアルバム尚操会学校評価いじめ防止基本方針連絡・お知らせ

カウンタ

1026400

オンライン状況

オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人

日誌

学習活動
1234
2019/06/19new

【図書館】熱心に朝読書に励んでいます

| by:管理者2
 6月19日(水)、空こそ霞(かす)んでいるものの、暑くもなく肌寒くもなく、過ごしやすい1日の始まりとなっています。熱心に生徒たちは朝読書に励んでいます。

▲熱心に校塔前の花壇(地域の皆様に感謝!)脇で登校状況視察をするPTA健全育成部の皆さん。

▲熱心にウィーンの森の自転車道を掃除する野球部の生徒たち。

▲熱心にアマンダ先生の英書読み聞かせに耳を傾ける1Aの生徒たちを見守る神田先生。

▲熱心に朝読書に励む1Bの生徒たちを見守る小林先生。

▲熱心に朝読書に励む1Cの生徒たちを見守る写らない米村先生。

▲熱心に活用を呼びかける図書館の「世界遺産コーナー」。

▲熱心にみんなの活躍を紹介する「みんなの活躍コーナー」。

▲熱心にウィーンの森のヤマモモが新緑を開かせているのを見つけました。
08:20 | 投票する | 投票数(7)
2019/04/12

ステージ2の日本史Bの授業で火起こしを体験しました

| by:管理者7
4月12日(金)7限目、ステージ2の日本史Bの授業で「火起こし」を体験しました。


4人で1グループとなり、「舞ぎりを回転させる」「火きり臼を押さえる」「麻玉に火をうつす」「風よけになる」という、それぞれ重要な役割を分担して取り組みました。


どんどん煙が出てきます。もう少しで火種ができます。


火種が麻玉にうつり、大きな火になりました。





大成功!ー喜ぶ生徒たちー



火がつくまで、頑張り通し、疲労困憊の生徒。


次回の授業のテーマは「火の使用によって、人間の生活や文化がどのように変化したのか」です。
今回の体験を通じて、生徒の歴史に対する興味が深まればと思います。


(今回の授業で使用した火起こしの器材は、鳥取県埋蔵文化財センターからお借りしました。ありがとうございました。)


16:02 | 投票する | 投票数(2)
2019/01/31

S1-Aホームが化学基礎の中和滴定実験を行いました。

| by:管理者8
 1月31日(木)2限目にステージ1のAホームの生徒(担当:岡本先生)が、化学基礎の授業で中和滴定実験を行いました。
この実験は、市販されている食酢の濃度を実験で求めることを狙いとしています。

10倍に薄めた食酢を水酸化ナトリウムを使用して中和滴定します。


グループで協力して、実験を進めていきます。


慣れてくると、より薄いピンク色を目指していました。


福井先生にも支援していただきました。


後片付けもグループで協力して行いました。
皆の協力がよく、余裕をもって時間内に片付けができました。


最後に、実験データをもとに食酢の濃度を計算しています。

11:53 | 投票する | 投票数(5)
2018/04/17

ステージ2の日本史B、世界史Aの授業で火おこしを体験しました

| by:管理者7
火の使用と人類の生活・文化の発展の関係を考えるため、4月13日、16日、17日のステージ2の日本史B・世界史Aの授業で、火起こしの体験学習を行いました。


舞ぎりを使う、火きり臼を押さえる、風よけをするなど、役割分担して全員で取り組みました。



コツをつかんできたようです。



火だねができました。

(舞ぎりなどの器材は、鳥取県立博物館からお借りしました。ありがとうございました。)

17:58 | 投票する | 投票数(2)
2018/02/20

第3回TEAS委員会を開催しました

| by:管理者7
 昨日(2月19日)、今年度第3回目のTEAS委員会(校長・教頭・職員環境リーダー、生徒会長)を開催し、10月から12月までの本校の環境改善目標の達成状況の確認と分析、今後の取り組みについて話し合いました。
 電力使用量やゴミ排出量の削減のため、学習会の会場・実施の仕方を検討することや、私物ゴミの持ち帰り、部室の清掃についての意識を一層高めるよう働きかけることになりました。


08:33 | 投票する | 投票数(0)
2017/11/17

鳥取環境大学訪問(ステージ1 Cホーム)

| by:職員
 10月31日(火)、ステージ1のパイオニアホーム(1C)40名が鳥取環境大学に訪問しました。
 午前は、学部の特徴や学生生活などの説明を聞き、その後、環境学部の足利裕人教授の授業を受けました。たくさんの演示実験や教授の発明品を見せていただいたり、身近な電化製品の原理などを説明していただきました。生徒たちはとても興味深そうに授業を聞いており、「すごく楽しい授業だった」と感想を述べていました。
 学食での昼食を終えた後、午後からは英語村に参加しました。行く前は、英語に自信がなさそうな様子でしたが、実際に体験してみるとみんなとても楽しそうに英語でコミュニケーションをとっていました。
 この1日を通して、生徒それぞれが大学の様子を肌で感じ、今後の進路開拓に大きな刺激を与えていただきました。
 鳥取環境大学の職員のみなさま、大変お世話になりました。



足利教授の授業


学食での昼食


英語村


施設案内


生徒代表挨拶


記念撮影
14:27 | 投票する | 投票数(0) | 報告事項
2017/11/11

今年度第2回授業研究会を開催しました

| by:管理者2

今年度第2回アクティブラーニング型授業研究会を実施しました

 11月10日(金)に産業能率大学の小林昭文教授をお招きして、今年度第2回目の授業研究会を行いました。小林教授には、昨年度から「主体的な学びの実現に向けた授業改革(アクティブラーニング型授業を取り入れた授業改革)」について継続的に指導していただき、今回で3回目です。
 3限目は、桑田先生によるステージ3「生物」の公開授業を実施しました。PCR法を用いたDNAの複製について、今年7月に導入されたiPadを活用した授業でした。この授業では、学びの意欲を引き出す工夫としてタブレットを活用され、実際に生徒が遺伝子情報を移動させて複製の仕組を学んでいました。生徒からは「一番よく分かった」などの喜びの声が上がっていました。4限目には、小林教授と授業者・参観者が授業について振り返りを行いました。同じ教科の先生から「このデータを使って別な方法でもやってみたい」などの声もありました。
 5限目は、長尾先生によるステージ1「国語総合(古典分野)」の公開授業でした。「伊勢物語~芥川~」の単元で、登場人物の心情を想像しながらグループで話し合ったり、和歌を現代語に置き換えて表現させる活動を通して、描かれた人物、情景などを読み味わう学習でした。生徒は、グループ内でよく話し合い、積極的にホーム全員に向けても発表していました。この授業では、「継続した振り返りシートの活用による学習意欲の向上」に取り組まれ、6限目の授業の振り返りの会においても、生徒の理解度を把握しながら授業を進めることが大切といった意見が多くありました。
 放課後は、全員で普段の授業で困っていたり、改善したいけれどその方法がわからないことなどについて小林教授に質問し、色々な実践例をもとにアドバイスしていただきました。
   
     S3生物 iPadを活用した授業     DNAの複製の仕組は…  参観者も実践         

  
       S1国語 グループで話し合い         クラス全体にも広げよう

   
           授業後の振り返りの会            放課後研究会 校長挨拶


  
       小林教授からアドバイス              研修の全体の様子
         

16:21 | 投票する | 投票数(2)
2017/10/10

ステージ2 パイオニアホーム研修 

| by:管理者2
 ステージ2では10月11日から13日まで「フィールドワークイン関西」研修を実施いたします。パイオニアホーム(S2Cホーム)においては、研修日程を1日追加し「パイオニアホーム研修」を本日から実施しています。
 この研修では、探究活動に先進的な取り組みを行っている高校との生徒交流や日本を代表する企業・難関大学を訪問し、探究の方法をさらに深めたり、世界的に評価の高い研究を行っている企業や大学を訪れ、自分の進路選択の幅を広げることを目指しています。
 今朝は、少し早いですが7時過ぎに集合し、出発式を行って研修へと出かけました。
 なお、午後6時頃に、本日の研修内容を無事終えて全員が宿舎に到着したという連絡がありました。
  

出発式 校長先生の話

生徒代表あいさつ

担任の濱路先生から研修の目的について再確認

18:29 | 投票する | 投票数(5)
2017/09/01

教職員iPad研修会

| by:管理者2
iPad研修会を開催
 本日、研修センターの涌嶋健詞指導主事を迎えてiPad教職員研修会を実施しました。7月中旬に本校に40台のiPadが導入され、今後有効に活用したいと考え、実際にiPadを使った研修を行いました。
 先生方は、iPadで動画を撮影したり、写真や映像を他のiPadに送るなど実際に使うことで、今後どのような活用ができるかアイディアを出し合いました。これから授業やチャレンジグループ活動などで活用していきたいと思います。

     
実際の活用例を聞きました


  講師の涌嶋指導主事


実際に使って


 
 
  

19:59 | 投票する | 投票数(2)
2017/08/25

鳥取大学研究パネル展開催中

| by:管理者2

鳥取大学研究パネル展開催中

 現在、本校知のオアシスにおいて、鳥取大学の4つの学部の研究を紹介するパネル展を開催しています。(9月6日まで)
 生徒にとって身近な鳥取大学の「地域学部」「医学部」「工学部」「農学部」の各学部がどのような研究を行なっているのかを紹介しています。
 ステージ1の生徒は全員が9月7日(木)に鳥取大学を訪問します。鳥取大学の概要の説明を聞いたり、学内の見学を予定しています。ぜひ、このパネル展で興味・関心を高め、実際の大学訪問を実りの多いものにしてほしいと思います。
  

会場は図書館となりの知のオアシスです


右側の入り口近くに「農学部」のパネルがあります


中央に地域学部と工学部のパネルがあります


左側の入り口に医学部のパネルがあります。
看護学部を目指す生徒が熱心にパネルを見学していました。



17:19 | 投票する | 投票数(3)
1234