メニュー

学校紹介教育ビジョン(イメージ図)校長室の窓から学校行事学習活動進路状況部活動・生徒会ボランティア活動チャレンジグループ活動ステージグループ保護者の皆さまへ卒業生の皆さまへ中学生の皆さまへ地域の皆さまへ事務室より月報・お便りフォトアルバム尚操会学校評価いじめ防止基本方針連絡・お知らせ

カウンタ

789946

オンライン状況

オンラインユーザー21人
ログインユーザー0人

チャレンジグループ活動

 
チャレンジグループ活動とは


 10年後の自分を見据えた人間力を高めるためのアプローチで、倉吉西高が目指す人財育成の大きな柱として位置づけています。単なる知識の「習得」だけでなく、「探求」と結び付け試行実践の場として内発的動機を喚起し、人間力を養成する本校の教育実践の機軸の一つです。

 生徒はこの活動を通して、知的好奇心を高め、研究手法を学び、社会に貢献する人財の育成を目指します。S2、S3生は各人の志望分野に基づいて年度当初から6つのグループに分かれて活動し、S2生は10月のフィールドワークイン関西に結びつく研究を、S3生は志望分野の内容を個人研究を通してより深く研究していきます。
 

日誌

チャレンジグループ活動
12
2018/05/30

シンガポール事前研修を行いました(その2)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者2
 5月30日(水)昼休憩、シンガポール研修の事前研修を行いました。このたびも竹歳先生が講師を務められました。最初にマレーシアの服装のマナーについて説明をしていただき、その後、マレー語を練習しました。シンガポール研修では、基本的には英語を使いますが、マレー語も使えると現地の方々とより親しくなれるとのことで、参加者一同一生懸命かつ楽しく研修に参加しました。

▲マレーシアの木曜日の服装。

▲前回のおさらい。「スラマッ パギ」(こんばんは)

▲「アパ カバ?」(元気ですか)「カバ バイ」(元気です)


▲竹歳先生、ノリノリです。
13:32 | 投票する | 投票数(4)
2018/05/24

チャレンジグループ活動のグループ内発表会(2回目)を行いました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者2
 5月24日(木)、S3がチャレンジグループ活動のグループ内発表会(2回目)を行いました。このたびは2回目となった人文・政経・教育・医療グループに加え、理工・農学グループが初めて発表会を行いました。発表終了後には、担当の先生から改善点の指導助言がありました。後輩たちの前で発表する際には、指導助言された点を改善し、より一層充実した発表となることを期待しています。


▲人文グループ


▲政経グループ


▲教育グループ


▲医療グループ


▲理工グループ

★農学グループは…画像データを消去してしまいました。
 農学グループの皆さん、ごめんなさい!!
16:33 | 投票する | 投票数(3)
2018/03/16

S1 ボランティア報告会

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員
 3月17日(木)、前日のボランティア講演会に続き、生徒によるボランティア報告会を行いました。S1は全員が必ず何かのボランティアに参加し、情報の時間を活用してパワーポイントにまとめており、事前に各ホームで全員が報告しあい、各ホームの代表2名がS1全員の前で報告しました。


 【Aホーム 前田さん】

 【Aホーム 山下くん】

【Bホーム 岩本くん】

 【Bホーム 徳丸さん】

【Cホーム 中井さん】

 【Cホーム 福田さん】

 【感想を記入】

【感想を発表】

15:29 | 投票する | 投票数(1)
2018/03/16

ボランティア講演会

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員
 3月15日(木)、6・7限にS1のチャレンジグループ活動として、ボランティア講演会を開催しました。講師に前PTA会長でもあり、有限会社辰巳園代表取締役の加藤一巳氏に「人としてのあり方」という演題で講演していただきました。
 事前に生徒からアンケートをとられ、それを参考にわかりやすく話していただきました。初めて聞くような内容も多く、生徒は真剣に聞き入っていました。



【講師の加藤さん】



【生徒代表謝辞】

08:00 | 投票する | 投票数(2)
2018/02/08

S1 チャレンジグループ活動 新聞活用発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員
2月8日(木)、6・7限にステージ1各クラスで新聞活用発表会を行いました。6限は各グループ(4~5人)で各自が選んだ新聞記事をプレゼンテーションし、7限目は各グループの代表者1名がホーム全体で発表しました。各自が新聞記事の内容をまとめ、考察しており、プレゼンテーションもしっかりとできていました。

  【各グループでプレゼンテーション】

      【ホームでの発表】

    【担任からのアドバイス】
14:54 | 投票する | 投票数(2)
2017/07/30

S3チャレンジグループ活動発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者2

S3チャレンジグループ活動発表会を開催しました

 7月20日(木)6・7限に、ステージ3のチャレンジグループ活動発表会を開催しました。ステージ1~3の全ての生徒が、人文・政経・教育・医療・理工・農学の6つのグループに分かれて、発表を聞きました。
 ステージ3の生徒達は、自分達の課題や興味・関心を持ったことについて、図書やインターネット等で調べるだけでなく、アンケートを依頼して調査したり、直接訪問して聞き取ったり、実験して確かめるなど、実際に体験して分かったことを基にして発表していました。
 また、分かりやすく伝えるために、発表者はパワーポイントに大きな文字や図・絵を用いたり、実際の作品を見せるなど工夫していました。
 それぞれのグループには、鳥取大学や鳥取環境大学から専門の先生に来ていただき、発表について講評していただきました。先生方の助言・講評により、生徒は大学での学びに対する具体的なイメージを持ったり、自らの進路意識を高めた生徒も多いと思います。


【人文グループ】
    
        人文グループの発表                     人文グループ全体の様子

                
                   鳥取環境大学 桑本先生の助言


【政経グループ】
     
          政経グループの発表                      政経グループ全体の様子

               
                   鳥取環境大学 中山先生の助言

【教育グループ】
    
          教育グループの発表                      教育グループ全体の様子

               
                    鳥取大学 石本先生の助言

【医療グループ】
    
         医療グループの発表                        医療グループ全体の様子

               
                       鳥取大学 河月先生の助言

【理工グループ】
    
          理工グループの発表                    理工グループ全体の様子

               
                         鳥取大学 星川先生の助言

【農学グループ】
    
          農学グループの発表                      農学グループ全体の様子

               
                         鳥取大学 藪田先生の助言



18:32 | 投票する | 投票数(1)
2016/12/08

フィールドワークイン関西・シンガポール研修・バーモンド州派遣報告会

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者7
 12月8日(木)6~7限、本年度、S2で実施したフィールドワーク・イン・関西研修、シンガポール研修、鳥取県・バーモンド州青少年交流事業の報告会を開催し、S1・S2の全生徒が参加しました。
 


《フィールドワーク・イン・関西研修》

〈人 文〉
  訪問先:関西大学文学部心理学科、源氏物語ミュージアム、、平等院、国立民族学博物館
   
 


〈政 経〉
  訪問先 : 大阪企業家ミュージアム、花王エコミュージアム、鳥取県関西本部




〈教 育〉
  訪問先 : 大阪教育大学、守口市立さつき学園夜間学級、夢街道国際交流こども館




〈医 療〉
  訪問先 : 京都橘大学看護学部、堺市総合医療センター、沢井製薬株式会社三田工場




〈理 工〉
  訪問先 : 有限会社タイムリー、非破壊検査株式会社、大和ハウス工業総合技術研究所




〈農 学〉
  訪問先 : タイキ種苗研究農場、神戸市立須磨海浜水族館、インスタントラーメン発明記念館
  




《シンガポール研修》
    訪問先 : 蘭園、マーライオン公園、戦争記念館、マレーシア・アジョホールバル、
         ナイトサファリ、マリーナバレッジ、カトン地区、セントーサ島、ソロン砦、
         イメージ・オブ・シンガポール  など
           




《鳥取県・バーモント州青少年交流事業》
   参加者 : 馬場 輝



 S2生は、それぞれの研修を通じて、進路に対する意識や今後のチャレンジグループ活動の調査研究テーマについての関心を高めました。
 S1生も、今後の調査研究の方向性を考える上で、大いに参考になったようです。

19:17 | 投票する | 投票数(1)
2016/07/15

S3チャレンジグループ活動発表会を開催しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者2
 7月14日(木)6・7限に、ステージ3のチャレンジグループ活動発表会を開催しました。ステージ1~3の全ての生徒が、人文・政経・教育・医療・理工・農学の6つのグループに分かれて、発表を聞きました。
 発表者は、自分達がアンケートを行って調査したり、実際に実験して確かめたことなどを分かりやすく伝えるために、パワーポイントや模造紙等を活用して工夫していました。
 また、それぞれのグループには、鳥取大学や鳥取環境大学から専門の先生に来ていただき、発表について講評していただきました。

【人文グループ】
  
     人文グループの発表           鳥取環境大学 桑本先生の助言
※アンケート調査や博物館での調査が非常に有効であったと講評していただきました。発表するときには、丁寧にゆっくりすることなど、今後に役立つアドバイスもいただきました。


【政経グループ】
   
  政経グループの発表            鳥取環境大学 冨岡先生の助言
※発表者の作品はフィールドワーク等をして、自分なりの結論を導き出していた。また発表の様子も堂々と聞き手の方を見て発表していたことが素晴らしいと講評をいただきました。大学の「研究」となるように、さらに内容を深めていくことの大切さを教えていただきました。


【教育グループ】
   
     教育グループの発表               鳥取大学 小倉先生の助言
※研究と探究の違いについて話していただくとともに、仮説を立てたりフィールドワークを行うポイントなど丁寧に指導していただきました。聞く側の生徒もメモを取りながら真剣に聞いていてとても良い発表会でした。


【医療グループ】
  
     医療グループの発表               鳥取大学 花木先生の助言
※将来、医療従事者となるために必要と思われる研究にそれぞれの生徒が取り組み、テーマは多岐にわたったが、どの発表もよく調べられていたと講評していただきました。また、聞いてる生徒に分かりやすく伝える工夫もあって良かったと褒めていただきました。


【理工グループ】
  
     理工グループの発表              鳥取大学 石井先生の助言
※どの発表生徒も、自分の手で製作したり、実験したりしていて、インターネットの引用に頼るだけではないのがすばらしかったと講評していただきました。特に、実際に自分でやってみることは大変重要であると教えていただき、今後より探究を深めていくためのヒントをいただきました。
 

【農学グループ】
    
          農学グループの発表             鳥取大学 佐野先生の助言
※佐野先生は、実物を見に行くこと、実験したり、実際に調理してみること、自分で見て確認することが重要である。発表のスライドの中にも、実験や調理の様子が含まれていてとても良かったと講評していただきました。最後に、「農学は世界を救う!」という発言を残して帰られました。 
 
  
19:42 | 投票する | 投票数(4)
2016/01/29

S1チャレンジグループ活動

Tweet ThisSend to Facebook | by:職員
 1月28日(木)6,7限にS1はチャレンジグループ活動を行いました。
1年間のまとめとして興味のある新聞記事を探し,その内容について調べ,考察し,発表するものです。
この日のために約2ヶ月間,社会の出来事に関心を持ちながら新聞に目を通してきました。
 今回の取り組みがS2,S3でのさらに深い研究につながることを期待しています。

はじめはグループ内でミニプレゼン.
みんな真剣に聞いています.

グループ内で質疑応答

7限は各グループで選ばれた人がみんなの前で発表しました.

プロジェクターで投影しながら堂々と発表しました.



13:19 | 投票する | 投票数(1)
2015/10/21

①人文 S2フィールドワークイン関西2日目

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者2

①人文 S2フィールドワークイン関西2日目

京都国立博物館


みんなで一緒に考えよう


水谷研究員から「琳派」について解説いただきました。


平安神宮前


アメリカからの旅行者と国際交流  How are you ?


伝統工芸ふれあい館


象嵌など伝統産業技術の高さを知りました



京都国立近代美術館


「琳派」の影響を受けた現代美術を鑑賞しました。




21:00 | 投票する | 投票数(1)
12

お知らせ



スクールガイド
2018は こちら

平成31年度教育実習申込み
H31教育実習申し込み・実施要項.pdf
教育実習希望申込書 兼 HP用.pdf
 

お知らせ