メニュー

学校紹介教育ビジョン(イメージ図)校長室の窓から学校行事学習活動進路状況部活動・生徒会ボランティア活動チャレンジグループ活動ステージグループ保護者の皆さまへ卒業生の皆さまへ中学生の皆さまへ地域の皆さまへ事務室より月報・お便りフォトアルバム尚操会学校評価いじめ防止基本方針連絡・お知らせ

カウンタ

874679

オンライン状況

オンラインユーザー6人
ログインユーザー0人

陸上競技部の紹介

・陸上部は誰もが主役になれる部です。走るだけでなく、跳躍・投てきなどがあり、自分にあった種目を見つけることができます。
また、初心者から始めることができる、とても楽しい部です!!

・結果がなかなか出ず、落ち込むこともありますが、その分伸びたときの喜びは半端ないです!
 

日誌

陸上競技
12
2018/11/06

県高校駅伝が開催されました

| by:職員
 11月4日(日)、境港において全国高校駅伝の鳥取県予選会ともなる県高校総体駅伝競走大会が開催されました。倉吉西高からは女子が2年連続で出場し、男子が野球部の協力を得て久しぶりに出場しました。
 女子は2年連続の6位で、11月17日(土)に出雲で開催される中国高校駅伝への出場権を得ました。男子も粘り強くたすきをつなぎ、11位でゴールすることができました。

【男子1区:1年前田選手が10kmを10位でスタート】

【女子1区:2年徳井選手が6kmを5位の快走】

【女子アンカー:2年山本選手が1時間28分17秒でゴール】

【男子アンカー:3年冨田選手、野球部4人がつないだ襷】

【野球部ありがとう! 目標は甲子園と都大路】
08:37 | 投票する | 投票数(13)
2018/09/19

【陸上部】県高校新人陸上競技大会が開催されました

| by:職員
 9月14日(金)~16日(日)にコカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク陸上競技場において、県高校新人陸上競技大会が開催されました。倉吉西高校からは9名の選手が出場し活躍してくれました。
 特に女子5000m競歩では、中国新人陸上を狙っての出場で、新人戦5000m競歩の大会記録保持者の岡本桜さんに練習を見ていただき、3人とも40分以内で完歩することができました。2位の山本菜未選手(2C)、3位の杉本弥優選手(1A)は中国高校新人陸上への出場権を獲得しました。
 他にも男子110mHで奥村悠介選手(1B)が5位、男子三段跳で門脇卓也選手(1C)が7位、女子3000mで徳井紗英選手(2B)が8位に入賞しました。

【5000m競歩:右から山本選手・杉本選手・黒瀬選手】

     【110mH:奥村選手】

       【三段跳:門脇選手】

      【3000m・徳井選手】

 【女子4×400mR:9位:徳井選手から黒瀬選手】
14:11 | 投票する | 投票数(9)
2018/05/29

県高校総体陸上競技が開催されました

| by:職員
 5月26日(土)~28日(月)にコカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク陸上競技場において、第53回鳥取県高校総体陸上競技が他競技より1週間早く開催されました。倉吉西高からは9競技11名の選手が出場しました。
 女子4×400mリレーでは決勝進出を果たし8位入賞しました。S2の徳井選手が1500mと3000mで9位。惜しくも入賞を逃しましたが、駅伝につながる力走でした。S1の男子2名も800mで予選通過し今後の期待の星となりました。

 【S3 木村選手のラストラン 100m】

 【S3 杉本選手のラストラン 800m】

 【S2 徳井選手 3000m 9位】

 【S2 橋谷選手 800m 予選通過】

 【S1 石田選手 800m 予選通過】

 【S1 前田選手 800m 予選通過】
 
  【8位入賞で笑顔のマイルメンバー】
11:28 | 投票する | 投票数(7)
2017/11/07

倉吉西高校駅伝チーム復活です

| by:職員
 11月5日(日)に境港で全国高校駅伝の鳥取県予選会でもある県高校駅伝が開催されました。今年は中国高校駅伝が同じ境港で開催され、県内チームは10チーム(県外である場合は6チーム)が中国大会に出場できるということで、倉吉西高校も女子5人揃えようということで年度当初から取り組みました。
 くらよし女子駅伝では最下位で悔しい思いをしましたが、今回の県高校駅伝では大健闘で10位どころか、6位に入賞しました。1年生中心の若いチームですので、今後の活躍も期待できます。11月26日の中国大会も頑張ります。
【3区黒瀬選手~4区山本選手】


 【橋谷選手の6位ゴール】

11:59 | 投票する | 投票数(6)
2017/02/05

日本ジュニア室内陸上競技大阪大会

| by:職員
S3 山崎利洋選手が日本ジュニア室内陸上競技大阪大会で7位入賞!

 2月4日(土)に大阪城ホールにおいて、2017日本ジュニア室内陸上競技大阪大会が開催され、S3の山崎利洋選手が『ジュニア男子60mハードル』に出場し、7位入賞を果しました。
 この大会は標準記録を突破した全国トップレベルの選手が出場し、室内での全国トップを競う大会です。60mハードルには63名の選手がエントリーし、8組に分かれて予選を行いました。予選4組で1位(8秒22)だった山崎選手は、全体で7番目の記録で決勝に残り、決勝で7位(8秒22)と大健闘でした。
 高校生活最後のレースで収穫ある走りができたようです。卒業後も活躍を期待したいと思います。今後とも倉吉西高陸上部に熱い声援をお願いします。


     【室内陸上会場です】

     【決勝レースです】

     【決勝の結果発表】

     【大阪城ホール前にて】
14:11 | 投票する | 投票数(3)
2016/08/03

インターハイ結果報告(陸上競技部)

| by:職員
~インターハイ(陸上競技)結果報告~
S3・山崎君、大健闘!!
400mハードル、110mハードルの2種目とも自己ベストで
準決勝進出!!

7月29日(金)~8月2日(火)まで、岡山シティライトスタジアムで行われた全国高校総体(インターハイ)にS3の山崎利洋君が出場してきました。
結果は以下の通りです。


          7月30日(土) 400mハードル予選    52秒67  組1着   通過
          7月31日(日) 400mハードル準決勝   52秒85  組6着   落選
  
    8月 2日(火) 110mハードル予選    14秒83 (+1.2)  組2着  通過
              110mハードル準決勝   14秒97 (-1.2)  組8着  落選

各種目とも全国11地区を勝ち抜いた66名の精鋭たちとのレースは予選から熾烈な戦いとなりましたが、2種目とも見事に予選を突破しました。
特に、400mハードル予選では自己ベストを0.64秒更新するレースで組1着となり、本人も納得の走りができました。

今回のインターハイ出場に際して、たくさんのご声援と激励をいただきありがとうございました。今後もよろしくおねがいします


(400mハードル予選。自己ベストを大幅に更新し、1着でゴール)

(400mハードル予選のリプレイが大型スクリーンに映し出される。)

(メイン会場の看板前にて。よく頑張りました。)

11:22 | 投票する | 投票数(6)
2016/06/19

中国高校陸上競技選手権大会報告

| by:職員
 
S3・山崎利洋くんが2種目でインターハイ出場決定!!

 6月17日(金)~19日(日)、岡山県のシティライトスタジアムで行われた中国高校陸上競技選手権大会に、S3の山崎利洋くんが
 400mハードルと110mハードルに出場しました。
 
 陸上競技の中国大会は、各種目において各県の予選会を突破した計30名が参加し、予選、準決勝、決勝の3ラウンド制で行われ、
 決勝進出者8名のなかで、上位6名がインターハイの切符を獲得します。

 6月18日(土)、400mハードルが行われ、結果は以下の通りでした。
    予選        56秒30  組1着で通過
    準決勝      54秒66  組3着で通過
    決勝    53秒75  3位   ⇒  インターハイ出場決定!!

 6月19日(日)、110mハードルが行われ、結果は以下の通りでした。
    予選        15秒29  組1着で通過
    準決勝      14秒92  組3着で通過
    決勝    14秒89  6位   ⇒  インターハイ出場決定!!

 0.01秒の激戦を突破し、ハードル競技2種目でインターハイの切符を獲得することができました。
 インターハイは7月29日~8月2日まで、中国大会と同会場の岡山県・シティライトスタジアムで行われます。
 全国の強豪たちとの勝負に向けて、しっかりと計画的に練習を積み重ねて、少しでも上位に食い込めるように精進させたいと思います。
 多くのご声援ありがとうございました。(顧問: 徳本和訓)


                                (400mハードルで3位に入った山崎君:右側)
18:26 | 投票する | 投票数(9) | 報告事項
2016/06/01

県高校総体の結果報告(陸上競技部)

| by:職員

  3年の山崎利洋くんが400mハードル優勝、110mハードル2位!!

  5月28日~30日、鳥取市のコカコーラウエスト陸上競技場にて、県高校総体(陸上競技の部)が行われました。
  自己ベストを更新する生徒が多く見られ、特に3年生は最後の集大成として、練習の成果を最大限に発揮することができました。

  その結果、3年の山崎利洋くんが400mハードルにおいて53″31の好記録で優勝、110mハードルでは14″84のタイムで2位となり、中国大会への出場権を獲得しました。

  インターハイへの最終関門である中国大会は、6月17日~19日、岡山県陸上競技場で行われます。ハードル2種目でインターハイ出場を目指します。
  ご声援をよろしくお願いします!!

    
   (男子1500m決勝。入賞を目指して力走する加藤くん(3年))

  
   (男子800mで準決勝に進出した岡部くん(3年))
 
   
   (女子1500m決勝。入賞を目指して力走する中村さん(2年))
  
  
   (男子100m準決勝に進出した矢間くん(3年))

  
  (男子400mハードル決勝。後続大きく引き離し圧勝した山崎くん(3年))

  
  (男子400mハードル決勝の結果。自己ベストを約1秒更新)

  
  (閉会式後の集合写真。全員がベスト尽くしました。3日間お疲れ様でした。)
11:13 | 投票する | 投票数(10)
2016/03/14

日本ジュニア室内陸上競技大会

| by:職員

 S2・山崎利洋くんが日本ジュニア室内陸上に出場!!

 3月12日(土)に大阪城ホールで行われた、2016日本ジュニア室内陸上競技大会に、S2の山崎利洋くんが「ジュニア男子60mハードル」に出場しました。

 標準記録を突破した全国のトップレベルの選手が大阪に集結し、60mハードルには57名がエントリー。8組に分かれて予選を行いました。
 結果は予選5着で予選落ちに終わりましたが、全国のレベルを肌で感じ、学ぶことの多い大会になりました。今回の経験をバネに今後の活躍に期待したいと思います。


 

 4月9日(土)の試合から本格的にトラックシーズンが開幕します。
 厳しい冬季練習を乗り越え、着実に力を伸ばしつつあります。
 
 2016年度も倉吉西高陸上競技部に、ご声援をよろしくお願いします。

19:49 | 投票する | 投票数(3) | 報告事項
2015/06/02

県高校総体(陸上競技の部)結果

| by:職員

 
   
 山崎利洋(2年)が400mハードル優勝!!
 3名が中国総体への出場権獲得!!

 
 5月30日(土)~6月1日(月)までの3日間、鳥取市のコカコーラウエスト陸上競技場にて、県高校総体に出場しました。部員16名で力を合わせて、「一人でも多く中国総体へ!」「全員が自己ベスト更新!」を目標に一丸となって競技を行いました。
 その結果、以下の3名・4種目において、中国総体への出場権を獲得することができました。

 男子400mハードル  山崎利洋(2年)    56秒39      優勝
 男子110mハードル  山崎利洋(2年)    15秒57      2位
 女子走り高跳び     池田和香那(3年)   1m45       5位
 
 女子400mハードル  山本愛梨(3年)    1分10秒79    5位


 以上の3名が、6月19日(金)~21日(日)に、島根県の浜山公園陸上競技場で行われる中国総体に出場します。鳥取県代表として、インターハイ出場を目指して戦ってきます。ご声援をよろしくお願いします。

  
          走り高跳びで5位に入賞した池田(3年)


         400mハードルで5位に入賞した山本(3年)


  400mハードル、2位に2秒以上の差を付けて圧勝した山崎(2年)


                    400mハードル表彰式


 閉会式後の集合写真。3日間天候に恵まれ、チームとして戦うことができました。
17:21 | 投票する | 投票数(7)
12