AccessNo.

695986
Since 2013/01/01

災害復興支援

このたびの地震を受け、鳥取県のふるさと納税サイトから、災害支援の寄付金を受付が可能となりました。御協力をお願いいたします。
ふるさと納税
http://www.pref.tottori.lg.jp/261290.htm
 

facebook ページ

農業女子プロジェクト

 

QR code

 
資料等(pdf)をご覧の際は
AdobeReaderが必要です。
get_AdobeReafer
 コンテンツの一部をご覧の際は
AdobeFlashPlayerが必要です。

1366×768(推奨)
 

緊急連絡

(1)寮生と保護者の皆様へ(断水について)
8月25日(金)~8月26日(土)は、給水設備災害復旧工事のため、男子寮内が断水となります。両日は通常の食事が提供できず、風呂やトイレも水の使用ができません。

したがって、寮生の帰寮は全員が8月27日(日)に各自で昼食を済ませてからといたしますのでご了承ください。

当番生については生活ができるよう配慮をしたうえで在寮とします。

なお、両日とも荷物の受入は可能です。

(2)事務職員(臨時的任用)を1名募集します。

任用期間は、平成29年10月1日から平成30年3月31日までとなります。

申込期間は、平成29年8月28日から平成28年9月6日までとなります。

詳細は、募集要項をご覧ください。

29臨任(事務)採用試験申込書.pdf    29臨任(事務)採用募集要項(倉農).pdf

 

新着情報

 

日誌

学校日誌2
12345
2017/08/02

【学校】北海道酪農実習 60周年

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭2
鶴居村を表敬訪問中の学校長よりメッセージ

夏休みが始まってすぐから、8月のお盆まで、本校の生徒が北海道鶴居村で酪農家に泊まり込んでの研修をしています。
朝早くから夜までの研修で、疲れを出しているかと思えば、思う以上に楽しんで実習をしているようです。
安心をしました。本校の生徒たちはたくましいです。僕の誇りです。
北海道鶴居村での酪農実習が始まったのは昭和31年です。それから昨年で60年。受け入れをいていただいた農家は全部で64軒に上ります。
このたびは交流60年のお祝いをしていただきました。
派遣した生徒はこれまでで700名。鳥取県が行なっている県外の派遣実習でも、これだけの伝統と規模は他にもないと自負しています。
この度は鶴居村の大石村長と松井議長をはじめとして、多くの人に60年のお祝いをしていただきました。ありがとうございます。
鳥取県の酪農が今日あるのは鶴居村のおかげであるとおもって感謝しています。
鳥取県倉吉農業高校と北海道鶴居村。地理的には 遥かかなたなお互いの地をしっかりと結びつけている絆を感じました。
これが60年にとどまらず、100年を超えても続いてほしい絆だと願っています。



10:50 | 投票する | 投票数(12) | コメント(0)
12345
copyright © 鳥取県立倉吉農業高等学校 All Rights Reserved 
E-mail kurano-h@mailk.torikyo.ed.jp 鳥取県倉吉市大谷166 tel0858-28-1341 fax0858-28-1342