AccessNo.

937569
Since 2013/01/01

facebook ページ

鳥取県学生寮のご案内

 

災害復興支援

このたびの地震を受け、鳥取県のふるさと納税サイトから、災害支援の寄付金を受付が可能となりました。御協力をお願いいたします。
ふるさと納税
http://www.pref.tottori.lg.jp/261290.htm
 

QR code

 
資料等(pdf)をご覧の際は
AdobeReaderが必要です。
get_AdobeReafer
 コンテンツの一部をご覧の際は
AdobeFlashPlayerが必要です。

1366×768(推奨)
 

学校長日誌

学校長日誌
12345
2019/03/22new

【校長室】 校長室から 47  (最後の終業式)

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校長
平成31年3月22日(金)、平成31年度の終業式を行いました。
終業式では初めて校歌を4番まで歌いましたが、生徒全員が大きな声で歌うことができました。かつてなかったことですが、今では見事な校歌斉唱になっています。昭和の初めにつくられた河本緑石先生の校歌はしっかりと後輩たちに歌い継がれています。
式辞では、この一年を振り返り、生徒たちの活躍をたたえ、1,2年生も新たな歴史を作ってほしいという言葉を送りました。
離任式では8名の先生を送りました。ともにこの学校を支えていただいた先生方です。一言一言の重たい言葉を聞き洩らさまいと、生徒たちは真剣に聞いていました。本当に素晴らしい生徒たちです。
そして私自身の退任式となりました。何とか涙をこらえようとしましたが無理でした。この前の卒業式から私の涙腺はゆるみっぱなしです。
私は人生の半分の30年を倉吉農業高校のために働いてきました。私は倉吉農業高校が大好きです。その大好きな倉吉農業高校に入学したいと目指してくれた生徒たちが大好きです。その生徒たちが真剣に私のほうを見ている姿に、涙があふれて止まりませんでした。
そのあと校長室に帰っていたら、教頭先生から写真を撮るので体育館に来てほしいと依頼がありました。さっき写真は撮ったのになぁと思いながら体育館の扉を開けると、なんとステージには生徒全員と先生方の姿が…。みなさんの拍手で迎えられながら、全員で記念写真を撮りました。涙があふれてきました。誰もいなければきっと大泣きをしていたことだろうと思います。心の中はどしゃぶりでした。
本当に素晴らしい生徒たちや先生方に恵まれた校長生活でした。至らぬところも多かったろうに、みなさんに支えられながら5年を終えました。次の校長先生が、さらに魅力的な倉吉農業高校にしてくれると思います。
みなさん、本当にありがとうございました。
15:00 | 投票する | 投票数(3) | コメント(0)
2019/03/03

【校長室】 校長室から 46 (私の最後の卒業式)

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校長
3月1日金曜日、朝から晴れ渡った青空のもと、平成最後の卒業式を挙行しました。卒業生は全部で75人。そう多くはないのですが、とても心のこもった卒業式でした。式には山本仁志県教育長にもご参列いただきました。今年度は何度も生徒を連れて県庁を訪問させていただき、生徒へのねぎらいや激励の言葉をいただきました。卒業生たちは喜んだろうと思います。
そして、この3月末で退職を迎える私にとっては最後の卒業式です。各科の代表生徒への証書の読み上げのときには涙声になりそうでした。そのあと、ひとりひとりに卒業証書を渡しましたが、みんながとても素敵な笑顔を見せてくれました。最高の笑顔です。いつまでもこの笑顔を忘れないでほしいと思います。
私の式辞の後、本校同窓会進修会吉田会長からの祝辞の最後に、私のことに触れていただき、38年にわたる労苦をねぎらって皆さんで拍手を贈りましょうと、会場全体から拍手をいただきました。そのときには涙があふれそうでした。
卒業生代表の答辞では、「倉吉農業高校で学んでいることは社会に役立つことである」、「この学校で先生方に出会わなければここまで成長することはできなかった」など、多くの感謝の言葉をいただきました。そして「短い高校生活で自分を磨いてほしい」と後輩たちへのエールもありました。心のこもった答辞でした。
式辞でも触れましたが、倉吉農業高校は日本一の農業高校だと言えるようになりました。今ではとても勢いのある学校だと思っています。これも生徒たちのおかげ、先生方のおかげだと感謝しています。

30卒業式式辞.pdf
14:16 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2019/02/21

【校長室】 校長室から 45 (校長室のクマ)

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校長
校長室にはクマがいます。もちろん僕のことではありません。
北海道鶴居村から平成元年に贈られたもので、30年間ここで生活をしています。その間に校長は8人入れ替わっていますが、クマはずっといます。僕も校長が5年になりましたが、いつも校長室でクマと二人(?)きりです。
あえて入り口に顔を向けているので、入ってこられたお客さんがびっくりされます。たまに悲鳴を上げれる方もいますが、すぐに仲良くなられます。かつて幼稚園の子どもたちが来たことがありますが、何人もクマに抱きついて遊んでいました。愛嬌もあるようです。牙や爪は恐ろしいものがありますが。
あえて写真を載せません。ぜひ校長室においでください。クマと一緒にお待ちしています。
16:55 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2019/02/04

【校長室】 校長室から 44 (卒寮式)

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校長

去る1月30日、祥雲寮で今年度の卒寮式が行われました。やがて寮の方からこのホームページ上で詳しい紹介があると思いますが、卒寮した生徒は全部で21名です。祥雲寮を立派にリードしてくれた3年生でした。心から祝福したいと思います。

卒寮式を始めたのは、僕が舎監長2年目の平成19年度からです。それまでは「退寮式」と言っていました。それが今では謝恩会という形で残っていますが、3年生だけでひっそりと行っていました。なんとなく「退寮」という言葉に引っ掛かったのと、3年生だけでなく寮生全員でお祝いしたいと思い、「卒寮式」という言葉を新たに作って生徒に提案したのですが、最初の年は生徒が承諾してくれませんでした。
それから10年以上の月日が経過しましたが、毎年のようにグレードアップして、今では卒業式に匹敵するくらいの大きな寮の行事に育っています。保護者のみなさんも全員に参加いただきました。僕以降の舎監長が見事に育ててくれました。

このたびの卒寮式も感動的でした。なかでも卒寮生全員がひとりひとり答辞を言うところがあるのですが、涙ながらに感謝の言葉を述べる生徒もいます。何度か目頭を熱くしました。今年は最後の生徒があいさつの最後に、「歌を歌います」と言い出し、「旅立ちの日に」の独唱が始まったかと思えば、他の3年生が次々と立ち上がり、最後には立派な合唱になりました。後で聞けばずいぶん練習を重ねていたのだとか。今までの卒寮式にはなかった初めてのサプライズです。涙がこぼれそうになりました。最後まで素晴らしい3年生でした。その姿はきっと後輩たちに引き継がれていくと思います。


13:21 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
2019/01/10

【校長室】 校長室から 43 (謹賀新年)

Tweet ThisSend to Facebook | by:学校長
あけましておめでとうございます。
平成最後の正月を健やかにお迎えのことと思います。
私自身は亥年の生まれで、今年は年男です。生まれた年を含めると6度目。多くなりましたね。
年末年始には、中部地区の中学校を訪問してきました。各中学校の玄関には年末に本校の環境科の生徒たちが設置した門松が飾られていました。どの校長先生からも感謝のお言葉をいただきましたが、本校の生徒たちにとっても、自分たちを育ててくれた中学校への恩返しの気持ちで制作し、心を込めて持って行かせていただいたものです。それぞれの中学校で新年を本校の門松とともに迎えていただき感謝しています。また倉吉市役所にも門松を持って行って設置しました。市長さんから感謝状をいただきました。倉吉駅からも感謝状をいただけるようです。地域のみなさんとともに倉吉農業高校はあると思っています。
今年がみなさんにとっていい年になりますように。

さて、今年も何人かの生徒たちが寮で正月を迎えました。大みそかの日には舎監長をはじめ3人の職員が当直をしました。もちろん厨房の方も元旦の早朝から食事の準備をしていただいています。正月といえども通常どおりです。動物には正月がありませんから。
正月に農場当番にあたるのは、順番に回ってきた生徒たちですが、誰ひとり不平や不満を言う生徒もなく、しっかりと与えられた仕事をこなしています。そんな高校生が県内に他にいましょうか。僕の自慢の生徒たちです。
15:35 | 投票する | 投票数(10) | コメント(0)
12345