成30年度・第17回テーマ】

高校生が考えるこれからの時代の「仕事」
-第4次産業革命期を主体的に生き抜くために

 

【趣旨説明】
 私たちはこれまで18世紀後半以降3度の産業革命を経験した。1度目は蒸気機関による工業化、2度目は電力による大量生産、3度目は情報通信技術革命である。これらの産業革命は、負荷なき時代を追求してきた先人たちの努力により実現し、私たちの人生観、人間観、教育観、家族観さらには仕事観をも大きく変えたが、むしろ私たちは主体的に、その都度大きな変革に適応してきたともいえる。
 そして現在AI(Artificial Intelligence)やIoT(Internet of Things)の発達により、今まで想像もできなかった未来社会が徐々に始まりつつあり、この技術革新が第4次産業革命だといわれている。それによると、人間の手を必要とする仕事は、20年後には半分以上がAIやIoTに取って代わられる一方、現在存在しない多くの仕事が新しく創造されるともいわれている。
 そこで、先人たちと同様に新しい時代に主体的に適応していくことになるだろう皆さんは、これからの仕事をイメージする中で、今高校生として、既成の学びに加えてどのような柔軟な備えをしておくのが好ましいと考えるのか、明確に提言しなさい。加えて、そもそも仕事とはどのようなものであると考えるのか、不易と流行のそれぞれの側面から検討し、皆さんの仕事観を併せて提示してほしい。

2018実施要項.pdf


 
 

国際高校生フォーラム

The Annual International Senior High School Students' Forum in Kurayoshi

高校生が独自の自由な発想を生かして、現代社会の諸問題に真正面から取り組み、その解決策を模索する場が国際高校生フォーラムです。学校・地域・国境を越えた意見交換をするなかで、高校生として今考えうる最大限可能な問題解決の方向をまとめ、将来の日本および世界に貢献できる資質を身につけることを目指しています。平成14年に始まったこの取り組みは、平成29年に16回目を迎えました。

目的

  1. 広い視野と深い問題意識をもち、公正で逞しいリーダーとして次代を担う高い志をもつ生徒の育成。
  2. 効果的な表現方法を用い、説得力のあるプレゼンテーションができる生徒の育成。
  3. 広汎な交流と知的・社会的刺激の授受により高度な学びへ向かう主体的生徒の育成。

Senior High School Students' Forum

 
■高校生フォーラムの過去の記事一覧
12345
2018/08/06

国際高校生フォーラムが終了しました

Tweet ThisSend to Facebook | by:takenaka-t2
 8月6日(月)、第17回国際高校生フォーラムin倉吉が閉幕しました。最終日の今日は、午前9時から本田由紀先生にフォーラム全体の講評をいただき、名古屋大学大学院情報科学研究科准教授の久木田水生先生に「君たちはどう働くか」というテーマで特別講義を行っていただきました。久木田先生は「AIの進化は想像を超えるスピードで進んでおり、人間は今後もAIに対し、創造力やコミュニケーション能力でさえ優位に立ち続けられるかどうかさえわからない。今後は従来「よい生き方」とか「よい働き方」とされてきた価値観から見直さなければならない社会が到来するかもしれない」と、AI時代への適応・対応だけでなく、思考的枠組みから変えてかからなければならない必要性をお話しいただきました。
 その後、赤瓦に移動して交流行事を行い、今回の行事はすべて終了しました。参加校のみなさんお疲れさまでした。スタッフ・関係者の皆さま、お世話になりました。ありがとうございました。

 
名古屋大学准教授・久木田水生先生による特別講義「君たちはどう働くか」


大会実行委員長・仲田晴奈による「お礼の言葉」


赤瓦に場所を移動して交流会


第17回国際高校生フォーラムin倉吉 記念写真



 

13:37 | いいね | 投票数(6)
2018/08/06

第17回国際高校生フォーラム(表彰)

Tweet ThisSend to Facebook | by:umeda_k
討論の後、プレゼンテーションの部についての表彰式と講評がありました。

優秀賞 シンガポール セントジョセフ高校


同じく優秀賞 倉吉東高校


最優秀賞は、韓国 安養高校でした。


安養高校は、倉吉東高生が選ぶ倉東賞も受賞


講評は、東京大学大学院教育学研究科 本田由紀 教授

10:45 | いいね | 投票数(10)
2018/08/06

第17回国際高校生フォーラム(討論の部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:umeda_k
8/5(日)プレゼンテーションの後、参加各校による討論の部がありました。

司会の実行委員長、副委員長


熱心な討論が交わされました


会場から多くの質問があり有意義な討論会となりました。


09:40 | いいね | 投票数(10)
2018/08/05

第17回国際高校生フォーラム(プレゼンテーションの部)

Tweet ThisSend to Facebook | by:umeda_k
8/5(日)倉吉未来中心にて、高校生フォーラムのメインであるプレゼンテーションが行われました。出場校の様子を紹介します。

倉吉東高校
「STEPs to Survive in ABCDI-Society」


松江北高校
「20年後の社会における『仕事』とは」


韓国 安養高校
「危機を好機に変える ~HIT プロジェクト~」


米子東高校
「知識よりも大切なもの」


今回初参加、シンガポール セントジョセフ高校
「衝撃に備えよ~第4次産業革命期へ向けて~」


鳥取西高校
「旅するペンギン」


長野県 松本深志高校
「もし未来を生きる人間がAIと仲良しになったら」

18:05 | いいね | 投票数(10)
2018/08/04

第17回高校生フォーラムin倉吉2018開催!

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者1

 第17回国際高校生フォーラムin倉吉2018の開会行事が多くの方々のご臨席の下、倉吉未来中心大ホールで行われました。今年のテーマは『高校生が考えるこれからの時代の「仕事」』。ゲストコメンテーターに東京大学大学院の本田先生、名古屋大学大学院久木田先生をお招きし、国内外7校の高校生達が提言を競います。注目は初出場のシンガポール・セントジョセフ高等学校チーム。最優秀賞の栄冠はどの高校に輝くのでしょうか!



倉東フィルハーモニー管弦楽団による演奏
J.シュトラウスⅡ作曲「皇帝円舞曲」作品437


御舩校長 英語で挨拶「高校生らしい、フレームを超えた新しい問題の発見を!」


鳥取県教育委員会教育次長 足羽英樹 様「17回の受け継いできた想いを大切に」

実行委員長 仲田さん英語でのスピーチ「一緒に輝かしい未来を語りましょう」

基調講演『日本社会の過去・現在・将来 ― AIは何をかえるのか』
東京大学大学院教育学研究科教授 本田由紀 様


 

 明日、8月5日(日)9時よりプレゼンテーションの部が行われます。期待の倉吉東チームは一番目の発表です。それに続く韓国やシンガポールの海外勢や、県内外の高校生達の発表も見逃せません。多くの方々のご来場をお待ちしています!

17:46 | いいね | 投票数(19)
12345