倉東 Q&A

学習について

Q1 東高の進学実績は国公立大学をメインにしている印象ですが、国公立大学を受験するような指導が強く行われているのでしょうか。

A1 東高は受験のための得点力ではなく、幅広い教養と深い思考力の育成を目標にしています。そのため、受験に必要か否か問わず、どの教科にも一生懸命取り組むことを重視しています。そこで養われた力で、結果として国公立大学合格者数が多くなっていると考えています。もちろん、生徒一人一人の進路希望も大切にしていますので、私立大学や専門学校を受験する生徒も少なくありません。

Q2 東高は宿題が多いですか

A2 普段の予復習以外には、各教科で課題が出されますが、計画的に取り組めばできない量ではありません。また長期休業には5教科から課題が出され、休み明けテストが実施されます。

Q3 教科書、教材費はどれくらいですか

A3 学年や選択科目によって違いますが、平均して約2万円程度です。これ以外にも問題集等を適宜購入します。

Q4 東高で何か資格が取得できますか。

A4 受験資格が得られる授業や、資格を取るための補習はありませんが、英語検定等の案内や手続きは行っています。

部活について

Q1 活動時間はどれくらいですか

A1 平日は16時~18時半(最終下校時刻)です。土日は各部によりますが、半日練習が多いです。

Q2 上下関係は厳しいですか

A2 先輩後輩の間に礼儀を踏まえつつ、同じ部の仲間として親しい関係を築いています。

Q3 東高は勉強が大変だと聞きますが、部活動との両立は可能ですか。

A3 可能です。課題やテスト等ありますが、原則3年生の6月まで放課後の課外はなく、部活の時間は保障されています。平日は多くの部が16時~18時半まで活動していますし、中国大会や全国大会にも毎年多くの部活動が出場しています。また、部活の加入率も95%前後と高く、多くの生徒が勉強と部活動と両立させています。

学校行事について

Q1 応援歌練習は厳しいですか

A1 練習は4月上旬の1週間、7時20分から約1時間行います。声が出ていなければ昼休憩や放課後にも補充を行いますから、厳しくないとはいえないかもしれませんが、最終日を終えると応援団員とともに達成感や結束感が感じられ、いい思い出になるはずです。

Q2 学園祭は楽しいですか。

A2 生徒が一番楽しみにしている行事です。大規模な内容を2週間という短期間で完成させていくので、非常にハードですがその分の感動はこの上ないほどです。7月上旬に4日間の日程で行いますので、是非一度見に来て下さい。

Q3 韓国研修は全員がホームステイをするのですか。

A2 韓国研修でホームステイを行うのは希望者40人です。また西暦の偶数年には韓国・安養高校の生徒が来校し、日本でホームステイを行います。この年は韓国研修でのホームステイは行いません。

学校生活について

Q1 携帯電話を持っていってもいいですか

A1 東高は携帯電話は学校生活に必要ないものと考えていますので、持ち込みは認めていません。もし持ち込んでいることがわかれば、1週間預かった後、保護者に学校に来て頂いた上で返却します。

Q2 アルバイトをしてもいいですか

A2 東高では、勉強と部活動を中心に高校生活を送ってもらいたいと考えています。そのため、原則としてアルバイトは認めていません。中には家庭の経済状況によって希望する家庭があるかもしれませんが、そういう場合まずは奨学金の案内をさせていただいています。

Q3 校則は厳しいですか

A3 どこの学校にも、それぞれの学校に応じた校則があると思います。東高は、こうあってほしいという東高生理想像に即した校則を作っています。厳しいと思うかどうかはあなた次第ですが、在校生から厳しいという声はあまり聞かれません。

Q4 食堂はありますか。

A4 食堂はありません。その代わり、事務室でお弁当を申し込むことができます。また昼休みにはパン屋さんの販売もあります。