鳥取中央育英高校
Tottori chuo ikuei high school
 

育英の芸術作品

 
育英の芸術作品
2010/05/28

育英の芸術作品⑧

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者1
育英の芸術作品(その8)
 
 「都大路に 襷を継ぎ」 西村 徹 氏 書

 
 
 西村徹氏は日本書芸院会員で、昨年度陸上部女子キャプテンを務め都大路でも活躍した西村紗貴子さん(現玉川大学)のご尊父でいらっしゃいます。
 3年間本校で陸上競技に取り組んだ我が娘とチームメイトの姿に感動し、この作品を仕上げたということでした。平成22年4月、本校にご寄贈いただきました。

00:00 | 投票する | 投票数(1)
2010/02/13

育英の芸術作品⑦

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者1
育英の芸術作品(その7)
 
       「蛍の歌」 山田美鈴氏
(古今集・後拾遺集より)
 

 
 書道家として著名な山田美鈴氏(S58卒)は、現在、本校書道講師としてご勤務いただいています。
 写真の作品は「山陰書人社展」(主宰:柴山抱海氏)の入選作品「蛍の歌」(古今集・後拾遺集より)です。
 「漢字と仮名の調和は勿論ですが毎回苦労するのが、墨の潤渇・文字の大小・行間などから生まれる『白』部分の美しさの表現です。」(山田氏談)
 
 <書き下し>
「夕されば螢よりけに燃ゆれども 光見ねばや人のつれなき 音もせで思ひに燃ゆる螢こそ 鳴く虫よりもあはれなりけれ」

 
 
 

00:00 | 投票する | 投票数(3)
2010/02/03

育英の芸術作品(6)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者1
育英の芸術作品(その6)
 
「ロンドンの風景」  米本一郎氏
 


米本一郎(大正3年~平成4年・1914~1992)氏は東京美術学校(現東京芸術大学)卒業後、中井金三・前田寛治らが創設した「砂丘社」に参加し積極的な芸術運動を展開されました。
米本氏は本校にご勤務の後、鳥取大学教授として迎えられ、鳥取県芸術の発展に尽力されました。写真の作品は1965年に「光風会」の派遣により西欧諸国を6ヶ月研修旅行された際に描かれたものです。

00:00 | 投票する | 投票数(2)
2010/01/27

育英の芸術作品(5)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者3
育英の芸術作品(その5)
 
「百人一首暗唱マラソン」 坂口青山氏
 


 故坂口青山氏は旧由良育英高校に国語と書道の先生として永年勤務され、授業や部活動を通して生徒の教育に尽力されました。また、卓球の名手で全国ベテラン卓球大会で上位入賞するほどの腕前でした。
 写真の書「百人一首暗唱マラソン」は昭和60年にご寄贈いただいたものです。授業では生徒が百人一首暗唱に挑戦したそうです。


00:00 | 投票する | 投票数(2)
2010/01/27

育英の芸術作品(4)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者3
育英の芸術作品(その4)
 
「大山」
 
野村泰資氏

 
「大山」
 野村泰資氏は旧赤碕町出身で、成人して大阪で働くも徴兵され戦地へ、そしてシベリア抑留という大変な困難に遭われました。
 幼いころから絵を描くことが好きだった野村氏は苦難を乗り越え、復員後画家として独立しスペイン留学も果たされました。現在は大阪在住ですがふるさとへの想いは強く、特に大山の姿をこよなく愛し数多く描かれました。
 
 写真の作品「大山」はご寄贈いただいたのもで、本校応接室の壁面を飾る大作です。
 
 
 
 
 



00:00 | 投票する | 投票数(1)
2010/01/27

育英の芸術作品(3)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者3
育英の芸術作品(その3)
 
  
「広口石目紋壺」「石目紋肩衝壺」(備前焼) 廣田伯雲氏
 
 「石目紋肩衝壺」        「広口石目紋壺」
 
 廣田伯雲氏は本校の同窓生で(昭和32年卒業)、日輝会美術協会会員、創造美術会会友であるとともに財団法人陶芸文化振興財団企画委員を務めるなど著名な陶芸家として現在もご活躍中です。(奈良市長賞、東京都知事賞、兵庫県知事賞など)
 写真の作品は平成21年9月、ご寄贈いただきました。
 



00:00 | 投票する | 投票数(0)
2010/01/27

育英の芸術作品(2)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者3
「育英の芸術作品」を紹介しています。(その2)
 
「早春の大山」」坂野眞人氏
 

坂野眞人氏は高校美術教師として生徒の教育に尽力するとともに作家として数々の秀作・名作を世に出されました。現在は県美術展覧会(県展)の審査員も努めておられます。
写真の作品「早春の大山」は長年奉職された由良育英高校を去られた時にご寄贈いただいたものです。


00:00 | 投票する | 投票数(0)
2010/01/27

育英の芸術作品(1)

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者3
鳥取中央育英の芸術作品を随時ご紹介していきます。(その1)
 
 
 
彫刻「大地」 那須 惇 氏
 
 

 
那須惇氏は私立育英中学校を昭和20年に卒業された同窓生で、東京美術学校(後の東京芸術大学)をご卒業、中井金三、前田寛治らが創設した「砂丘社」の同人として活躍され現在も精力的な創作活動を続けておられます。
作品「大地」は昭和62年に制作ご寄贈いただいたものです。



00:00 | 投票する | 投票数(1)