鳥取中央育英高校
Tottori chuo ikuei high school
 

向ヶ丘レインボープラン


 

概要と計画

1 経 過
  同じ丘の上に小・中・高等学校があるという恵まれた立地条件を活かして、大栄小学校・大栄中学校・鳥取中央育英高等学校の3校が連携した取組を行うことで、地域全体で子どもたちの学ぶ力を伸ばすべく事業を立ち上げ6年目を迎える。
(活動概念図→レインボープラン概念図.pdf) 
(平成19年より)
2 目 的
  小・中・高等学校の連携をとおして、一人ひとりの児童生徒の発達を上級学校へとつなげると共に、児童生徒の学習意欲や進路意識の向上を図る。また、教職員が他校種理解を深め教科指導の一貫性を図るなど共同研究することをとおして地域全体の学力向上を目指す。 

3 共通テーマ
  『学習習慣の定着』⇔〈学習規律と家庭学習〉⇔『自ら学ぶ意欲の向上』

4 事業計画
  (1)平成20年度作成したリーフレット「自ら学ぶ‐家庭学習の手引き‐」を改訂し、小・中・高等学校で活用する。
  (2)小・中・高等学校が共通テーマを設定し、公開授業(年間5回程度)や研究授業に取り組むことにより、教員の指導力向上と児童生徒の学力向上を図る。
(共通テーマを「学習習慣の定着と自ら学ぶ意欲の向上」~学習規律の確立と家庭学習時間の確保~とする。)
  (3)鳥取大学と連携し、小・中・高等学校の一貫性のある教育の可能性(期待される教育効果)について共同研究する。
 

平成20年度作成したリーフレット「自ら学ぶ‐家庭学習の手引き‐」
(小・中・高等学校各版 )