【本校舎】【黒坂施設】
〒689-4503 鳥取県日野郡日野町根雨310〒689-5131 鳥取県日野郡日野町黒坂1109
TEL 0859-72-0365 FAX 0859-72-0366TEL 0859-74-0011
 
 

お知らせ

日野高校の行事等の様子は、
 「教育活動→学校行事」からご覧ください。
 「学校案内→校長室の窓から」(平成30年6月新設)からもご覧ください。
 

お願い

鳥取県立日野高等学校のホームページに掲載されている記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は鳥取県立日野高等学校に帰属します。
 

 

 

日誌

学校行事
2018/11/12

県外の中学生および保護者の皆さんへ

| by:管理者
 今年度も、県外からの生徒を募集しています。
 日野高校には、特色ある部活動として、射撃部と郷土芸能部があります。ぜひ日野高校でチャレンジしてみませんか。
 また、オムにコートを有し、ソフトテニス部の活動にも力を入れています。学習面では、大学等へ進学する生徒への指導にも力を入れており、総合進学系列に進む人は、原則として、本校の寮で生活し、夜間の学習授業を受けることができます。
 平成31年度入学者選抜からは、県外からの通学することを前提とした中学生も志願することもできます。
 詳しくは、以下を参照してください。
平成31年度入学者選抜(鳥取県教育委員会事務局高等学校課ホームページ)

日野高校.pdf

14:28
2018/08/10

ふるさと日南邑 人間力アップ!合宿

| by:管理者
 「ふるさと日南邑 人間力アップ!合宿」を、第1期の生徒は8月7日・8日に、第2期の生徒は8月9日・10日にふるさと日南邑で行いました。
 初日はルール・マナー講習会からはじまり、校歌練習、レクリエーション活動を通して仲間づくりに取り組みました。また、勉強の仕方の講習会を受講した生徒たちは、そこで学んだことを生かして勉学に励みました。
 翌日には、前日に作成した1分間スピーチを大勢の前で発表し、一歩成長した姿を見せてくれました。合宿の最後には日野川でラフティングを行い、生徒たちは協力して物事をやり遂げることの大切さを改めて確認しました。
ルール・マナー講習会の様子
ラフティングを楽しむ生徒

18:16
2018/07/19

野球応援

| by:管理者
 7月14日から、コカ・コーラボトラーズジャパンスポーツパーク野球場にて、第100回全国高等学校野球選手権記念鳥取大会が開催されました。7月19日に鳥取西高等学校と対戦する日野高ナインを応援するため、応援団と音楽部の生徒20名が野球場まで駆けつけました。記録的な猛暑のなか、生徒たちは心のこもった応援を日野高ナインに届けました。
 また、応援の際の熱中症対策がNHK鳥取放送局の取材を受け、19日に県内のニュース番組で放映されるとともに、翌日には全国ニュースでも優れた取組みとして放映されました。
野球応援を行う応援団の生徒たち

17:42
2018/07/06

緊急連絡

| by:管理者
本日7月6日(金)は、臨時休校といたします。
自宅で学習してください。

07:52
2018/07/05

選挙出前講座

| by:管理者

 日野町選挙管理委員会から景山政之氏を講師に迎えて、3年次生を対象に選挙出前講座が実施されました。講師から選挙の意義や仕組み、投票の手順などの講義を受けた後、模擬投票を実施しました。
 模擬投票を体験した生徒からは、「投票への不安がなくなった」「一票の重みを理解した」などの感想が寄せられました。

講師から投票の手順について説明
模擬投票の様子

 


18:54
2018/06/10

鵜の池マラソン

| by:管理者

 心配された天気でしたが、1年次生50名が地元で開催された鵜の池マラソン(ファンラン部門)に参加し、1周2.3kmを走り抜けました。
 閉会式後には、ボランティア活動(テントの片付け)も行い、日野高校までの約8kmを歩いて帰り、苦しさから逃げずに頑張る力や最後までやり遂げる力の育成に取り組みました。
 生徒からは「地域の行事に参加でき良かった。」「かなりしんどかった。」「辛かったけど学校についてからの達成感があった。」「応援をしてもらい人の優しさを感じることができたので、自分もしていきたい。」「少し歩いたけれど、あきらめずに走ったのでいい経験になった。」「不安もあったけれどマラソンを通して周りと声をかけ合うことで繋がることが多くできたと思った。」「最後に頑張ったあとのご褒美的な感じで太鼓が見れ参加してよかった。」などの感想がありました。

スタートの様子
レースに出場した選手に声援を送る
ゴールの様子
閉会式


17:55
2018/06/01

日野高ショップ直前接客講習会

| by:管理者

 第1回日野高ショップを一週間後に控え、接客マナーを学ぶため、3年次生情報ビジネス系列の生徒24名は、米子市のホープタウン店長の小西さんを講師に招き、接客心得についての講話を聞き、レジ打ちを実践しました。接客において笑顔や清潔さの大切さを丁寧に説明して頂いた後、生徒達は実物の品物を手に商品販売の練習を繰り返しました。

講演の様子
レジを使った実習


18:14
2018/05/30

壮行会

| by:管理者
 県高校総体に向けて壮行会が行われました。
各部の主将を中心に、選手たちが拍手で迎えられました。
校長先生、生徒会長による激励の他、野球部による応援エールで選手は気持ちも高まっていたのではないでしょうか。3年次生は最後の大会でもあり、特に気合いが入っていました。

選手入場
硬式野球部員によるエール


15:44
2018/05/29

2年次生制服着こなしセミナー

| by:管理者
 山陰菅公学生服株式会社の樋口様を講師にお招きして、2年次生を対象に制服着こなしセミナーが行われました。6月には職場体験があるので、生徒たちは気を引き締めて講演を聞いていました。

セミナーの様子①
セミナーの様子②

15:40
2018/05/17

黒坂小学校の児童と一緒に田植えをしました

| by:管理者
 夏のようなギラギラした太陽の下、黒坂小学校との交流学習第3弾である「田植え」が本校黒坂施設にて行われました。今年は黒坂小5年生7名が来校しましたが、3年目となるベテラン児童さんもいて、本校2年次生「生物活用」選択者と楽しく上手に田植えをしてくれました。

生徒が製作した看板
JA江府支所女性会による田植え歌

小学生と一緒に田植え
「チャンネルひの」さんのインタビュー

16:55
2018/05/15

「介護職員初任者研修」が始まりました

| by:管理者
 3年次の選択授業「生活と福祉」と「介護福祉基礎」において、介護職の基礎となる研修である「介護職員初任者研修」がスタートし、5月15日(火)、日南町の福祉施設「あかねの郷」を訪問しました。
始めに施設の見学をさせていただき、その後、整髪の介護と口腔体操を体験させていただきました。
 若い介護職の方も多く、明るく家庭的な雰囲気の施設を見学させていただき、生徒たちは研修に意欲を高めていました。

 
広くてきれいな施設にびっくり
介護の体験をさせていただきました

17:42
2018/05/08

球技大会

| by:管理者
 球技大会が行われました。晴天にも恵まれ、生徒たちは元気よく球技に臨みました。

男子サッカー
女子バスケットボール

17:57
2018/05/07

開寮式を開催しました

| by:管理者

 GW明けの7日(月)午後4時から、総合進学系列に係る双葉寮開寮式を開催しました。式では﨏田日野町長様をはじめ、鳥取県教育委員会事務局徳田高等学校課長様からも励ましのお言葉をいただき、志高い総合進学系列3名の1年次生が入寮しました。

 
入寮許可書を受け取ります。
6年ぶりの開寮となりました。


17:50
2018/04/19

ちびっこ農業体験

| by:管理者
 晴天の中、本校黒坂施設で今年も異年齢交流の取り組み「ちびっこ農業体験」が始まりました。
 2年次生「生物活用」13名は「○○おにいさん」と書かれた名札を付け、黒坂小学校から歩いてやってきた可愛らしい1・2年生12名の児童達と挨拶を交わすと、チームに分かれジャガイモを丁寧に植えました。5月にはサツマイモを植える予定です。

取材カメラの前で緊張!?
優しく教えてあげています。

18:32
2018/04/11

3年次生「課題研究」スタート

| by:管理者
 3年次生の「総合的な学習の時間」に行う「課題研究」がスタートしました。これは、生徒が地域の課題を見つけ、その解決方策等を研究する授業です。
 4月11日(水)、2年次の2月から選定を始めたそれぞれのテーマについて、地域アドバイザーさんと、研究の方向性や年間計画などを話し合いました。
 今年度は、日野町だけでなく日南町や江府町での研究テーマも選定しています。1月に開催予定の「学びの成果発表会」までに、成果を上げることが出来るよう頑張ってほしいです。
テーマごとに担当の方と打ち合わせ
地域アドバイザーさんと話し合い

17:33
2018/03/23

3学期の表彰式、終業式、退任式・離任式を行いました

| by:一般

3月23日(金)、3学期の表彰式、終業式、並びに退任式・離任式を行いました。

表彰式では、3学期や今年度を通して優秀な成績や成果を残した生徒を表彰し、終業式では、永野校長より「今の自分に満足せず、もう一段上のレベルにチャレンジすること。4月からは新たな目標を掲げて過ごしてほしい」と挨拶がありました。

その後の退任式・離任式では、今年度末をもって異動する教職員一人ひとりの挨拶に対して、生徒は惜別の拍手を送りました。




表彰式では、皆勤賞や成績優秀者、さらにゴミ減量に貢献した学級を代表した計5名が登壇し、永野校長より表彰されました。終業式では、永野校長が年度初めに掲げられた「この1年の成長を実感できていますか」との言葉に、生徒は想起したことでしょう。


退任式では、定年退職する教員が、自身の長年の趣味に重ねて、継続することの大切さを生徒に伝えました。離任式では、教職員より本校での思い出が次々と語られ、生徒は時折笑いも交えながら別れを惜しみました。


13:29
2018/03/19

平成30年度 前期生徒会長選挙を実施しました

| by:一般

3月19日(月)、平成30年度の前期生徒会長選挙を実施しました。

今回の立候補者は、平成29年度後期生徒会長である2年次生の小谷さん1名で、「後期にやり残したことを来年度の前期に実現させたいです」と力強く演説を行いました。

演説の後、信任投票が行われ、開票の結果、過半数の信任が得られたため、小谷さんが継続して生徒会長に選出されました。さらなる活躍を期待します。




副会長の花倉くんが応援演説を行いました。実際の選挙さながら、全校生徒が信任投票を行いました。


選挙管理委員の生徒によって開票作業が行われました。小谷さんによる就任演説では、ぜひ力を貸してくださいと全校生徒に改めてお願いをしました。


17:43
2018/03/16

1・2年次生を対象に進路説明会を実施しました

| by:一般

3月16日(金)、1・2年次生を対象に、(株)さんぽうと、様々な上級学校から講師をお招きし、生徒が希望する進路に合わせた説明会を実施しました。

1年次生は、将来働きたい職業分野について、上級学校の各講師から卒業後の就職に必要な心構え等の話を聞いた後、(株)さんぽうの講師より、就職までの選択肢についてワークショップ形式で話を聞きました。

2年次生は、進学と就職を希望するグループに分かれ、上級学校の各講師から、より具体的な学校の選び方について、また(株)さんぽうの講師からは就職試験対策についての講話を聞きました。

生徒は新年度からの過ごし方について真剣に考える良い機会となりました。




上級学校の講師からは、進学して学べることや、卒業してからはどのような職業に就いているかという話を聞きました。1年次生向けに行われたワークショップでは、自身の性格に適した職種についてチェックシートを使って理解しました。


2年次生の進学希望の生徒は、資料請求・学校見学といった情報収集を積極的に行い、比較検討することが大切だと学びました。2年次生の就職希望の生徒は、講師による面接指導を受け、入退室時のマナーや言葉遣いなど緊張感を持って学びました。


16:37
2018/03/02

「農業と環境」伐倒作業の見学を行いました

| by:一般

3月2日(金)、「農業と環境」の授業を選択している1年次生13名が、日野町内の山林にて伐倒作業の見学を行いました。

この日は、鳥取日野森林組合さんの作業現場に入らせていただき、なぜ伐倒を行うのか、様々な種類の大型林業機械はそれぞれどのような役割があるのか等、同組合長さんの説明を聞きながら一連の作業を見学させていただきました。

生徒は、間近で行われる伐倒作業に圧倒されながらも、この見学を通して林業への理解を深めることができました。




組合長さんの説明をしっかり聞きました。安全な場所から見学しました。


13:11
2018/03/01

平成29年度 卒業証書授与式

| by:一般

3月1日(木)、平成29年度の卒業証書授与式を挙行しました。

式では、永野校長から「昨日の自分より少し成長したと感じられる日々を送ってほしい。」という式辞があり、来賓のPTA会長と同窓会会長から祝辞をいただきました。

在校生がこの日のために様々な準備を行ってきたこともあり、温かい雰囲気で卒業式を行うことができました。3年次生47名の皆さん、卒業おめでとうございます。




卒業生は皆晴れやかな表情で入場しました。在校生も大きな拍手で卒業生にお祝いの気持ちを伝えました。開式の前に、卒業生・在校生の有志50名によってエグザイルの「道」を合唱し、素敵なハーモニーを奏でました。


クラス担任より全員の名前が読み上げられ、永野校長からクラスの代表に卒業証書が授与されました。在校生の送辞では、卒業生の団結力や地域を舞台にした活躍ぶりに刺激を受けたと、はなむけの言葉を送りました。


卒業生からの答辞では、教職員と保護者へは感謝の気持ちを、在校生へは努力することの大切さについてエールを送りました。卒業生が退場する場面では、教職員が出入口に整列し、卒業生に温かい拍手を送りました。


11:52
2018/02/28

3年次生の表彰式を行いました

| by:一般

2月28日(水)、卒業式を明日に控えた3年次生を対象に、表彰式を行いました。

表彰式では、3年間皆勤賞の2名を始め、学業や部活動で優秀な成績を収めたことなどが認められた15名の生徒が表彰を受けました。




名前が呼ばれると、元気の良い返事が体育館に響きました。表彰された生徒に、全校生徒が大きな拍手を送りました。



15:37
2018/01/26

「地域創造ハイスクールサミット2018 in 北栄」に参加しました

| by:一般

1月26日(金)、アグリライフ系列2年次生3名が北栄町役場大栄・農村環境改善センターで開催された「地域創造ハイスクールサミット2018 in 北栄」に参加しました。

サミットを主催する鳥取中央育英高校を始め、県内外から地域連携に力を入れている7校が参加し、各学校の特色ある地域連携の取組みについて発表を行いました。

会場を鳥取中央育英高校に移すと、5~6名のグループが編成され、「高校生が考える地域創造」というテーマのもと、各グループに課せられた課題に対して意見交換を行いました。

参加した生徒の一人は、他校生を前にした発表や交流に「緊張した」と言葉にしながらも、多くの刺激を受けたその表情は生き生きとしていました。




アグリライフ系列の地域と連携した授業での取組みと、和歌山大学とのワーキングホリデイで行った地域調査の成果を発表しました。元 地方創生大臣の石破 茂 氏による特別講演会では、参加校の生徒らに向けて、「これからの日本を変えていくのは政治家ではなく、若い君達だ」と熱く語られました。


鳥取中央育英高校の生徒を中心としたグループに、参加校の生徒や教員が一人ずつ入ってそれぞれ意見交換を行いました。「高校の魅力を中学生に伝えるには」という課題に対して、生徒が考える本校の魅力を他校の生徒にじっくりと伝えました。


17:08
2018/01/24

消費者教育講演会を開催しました

| by:一般

1月24日(水)、3年次生が株式会社ラフデッサン代表取締役の木村美紀さんを講師にお迎えし「社会人となる前に知っておきたいこと」という標題で講演を聞きました。

講演では、給与からは税金や保険が控除されること、クレジットカードの仕組み、儲け話への注意、短期退職のリスク等、木村さんの体験談を交えたお話しを聞きました。

卒業後、多くの生徒が社会人になるということもあり、集中して講演を聴くことができました。




様々な制度を生徒の立場に立ちながら、分かりやすく教えていただきました。生徒代表が、「今日学んだことを忘れないようにしたいです」と感想と御礼の言葉を述べました。


15:45
2018/01/23

3年次生が「水素エネルギー実験教室」に参加しました

| by:一般

1月23日(火)、3年次生の「たのしい理科実験」の授業で『ホンダ次世代水素教育プロジェクト「水素エネルギー実験教室」』を実施しました。

この日は、ホンダで水素をエネルギーとする自動車を製造されている技術者の方を講師としてお迎えし、講義や実験を通して水素について学びました。

水素がエネルギー源として優れていることはもちろん、自然環境へ配慮した科学技術の発展や自動車が販売されるまでに様々な人が関わっているといった社会の仕組みについても理解を深めることができました。




水素を取り扱う上での注意を聞き、生徒同士コツを教え合いながら積極的に実験に参加しました。授業の終盤、自動車ができるまでには様々な人や役割があることを教えていただきました。


16:12
2018/01/20

「第1回 学びの成果発表会」を開催しました

| by:一般

1月20日(土)、本校と日野町文化センターを会場に、日頃の授業で学んだ成果を生徒が保護者や地域の方に向けて発表する「第1回 学びの成果発表会」を開催しました。

午前は、本校にて1年次生が「産業社会と人間」の授業で日野郡内で行ったフィールドワークの学びの成果をポスターセッション形式で発表しました。また、本校の農業・商業科目といった特色ある授業の成果物や、書道・美術作品の展示を行いました。

午後は、日野町文化センターにて音楽授業選択者による演奏・合唱や、課題研究等の発表を行いました。保護者や地域の方々を前に、生徒も緊張感を持って発表に臨むことができ、ご来場された方からも高い評価の声を多数いただきました。





1年次生による「産業社会と人間」の発表では、上級生を前に緊張しながらの発表でしたが、突然の質問に対してもしっかりと回答していました。
3年次生による「課題研究」の展示では、まとめ資料とともに様々な成果物が展示され、来年度から取り組む2年次生はじっくりと目を通していました。



アグリライフ系列3年次生による「造園計画」では、授業で制作した「東屋」のミニチュアが展示され、多くの方の注目を浴びていました。
情報ビジネス系列2年次生による「広告と販売促進」では、日野高ショップで使用した商品のPOPや、宣伝用に収録したラジオCMが披露されました。



1年次生の芸術の選択授業である「書道」では、思い入れのある一字を展示しました。個性豊かな字の数々に、様々な感想が寄せられていました。
日野町文化センターでは、「課題研究」で開発したスイーツの販売も行われ、開発した生徒らが商品説明をしながら販売しました。



2年次生による「和歌山大学との交流」の発表では、農業の授業を通した地域連携の取組みが発表されました。
「課題研究」の発表後には、鳥取県教育委員会事務局 高等学校課の山根指導主事よりご講評をいただきました。



音楽の授業を選択している生徒によるソロやアンサンブル、合唱を披露しました。最後は、会場にいる全校生徒で校歌を斉唱し、発表会を締めくくりました。
学びの成果発表会の閉会後、学習を通して町の活性化に貢献した生徒へ、日野町より感謝状が贈呈され、客席の生徒もその活躍に大きな拍手を送りました。



17:05
2018/01/15

1年次生が学びの成果発表会に向けて練習を行いました

| by:一般

1月15日(月)、1年次生が「産業社会と人間」の授業で、1月20日(土)に行う「学びの成果発表会」に向けて社会人講師のご指導のもと、発表の練習を行いました。

授業では、発表するグループごとに講師と教員がつき、声量や表情など指導を受けながらも、「内容はとても良いからもっと自信を持ってほしい」等とお褒めの言葉をいただく場面もありました。

 1年次生は、日野郡内の事業所と根雨の町並みについて調査した結果を20日(土)午前9時25分から午前10時55分まで本校で発表しますので、ぜひご来場ください。



グループ内で順に発表を行い、友達の発表で気付いた点を自分たちの発表時に活かしました。講師の方から、時には厳しいご指摘もありましたが、生徒は懸命に対応しようと努力しました。


15:51
2018/01/09

平成29年度3学期の始業式を行いました

| by:一般

1月9日(火)、平成29年度3学期の始業式を行いました。

永野校長からは、「今年は戌年です。結実を表す年ですので、これまで努力してきたことが実る良い年にしてほしい。」と年頭の挨拶をされました。加えて、高校生活が残り僅かな3年次生に向けて激励の言葉を贈られ、締めくくられました。

始業式の後は、正しい服装で新学期の始まりを迎えるべく全校生徒の服装点検を行い、冬休みからの気持ちの切り替えを行うことができました。



永野校長より3年次生に向けて、「聞く力」と「伝える力」をさらに身につけてほしいと激励がありました。



11:45
2017/12/22

「課題研究」“たたらんち”デザートの開発に感謝状が贈呈されました

| by:一般

12月22日(金)、江府町のエミーズカフェにて日野郡たたらんち推進委員会から3年次生2名に感謝状が贈呈されました。

この生徒は4月から課題研究のテーマとして「“たたらんち”の魅力アップ」に取り組み、“たたらんち”のPRやデザートの提案を行ってきました。

この日は、これまでの活動に対する感謝状の贈呈と、平成30年5月20日(日)より同店にて提供されるデザート(たたらんち)の試食会が実施され、生徒は自らが提案したデザートの仕上がりに大満足しながら美味しくいただきました。




多くの関係者が見守る中、日野郡たたらんち推進委員会の会長より、御礼の言葉とともに感謝状が贈呈されました。生徒が提案し採用された「たたらアフォガート」は、“たたら”を連想させる材料や演出にこだわっています。


15:24
2017/12/21

平成29年度2学期の表彰式と終業式を行いました

| by:一般

12月21日(木)、平成29年度2学期の表彰式と終業式を行いました。

表彰式では、部活動で活躍した生徒や、ゴミ減量に貢献した学級の代表が永野校長から表彰され、全校生徒も大きな拍手を送りました。

終業式では、永野校長より、多くの生徒が活躍した2学期だったとの振り返りがあり、結果がすぐに出なくても諦めないことが大事だと、挨拶を締めくくられました。

新学期からは、春からの新学年、新生活を意識し、それぞれの目標に向かって学校生活を充実させてください。




表彰式では、1・2年次生の表彰が目立ちました。着々と力をつけている証拠で、今後の活躍も期待されます。終業式では、活躍した生徒の名前が次々に挙げられ、多くの生徒が新学期こそはと触発されたことでしょう。


11:50
2017/12/20

家庭クラブでクリスマスケーキを作りました

| by:一般

12月20日(水)、家庭クラブの生徒がクリスマスケーキを作りました。

これは家庭クラブを対象に、毎年恒例のクリスマスケーキ講習会として行われたもので、スポンジ生地の焼き上げからケーキのデコレーションまで全て生徒が行い、若干の失敗はありましたが、皆楽しみながらケーキ作りを行いました。

この日作ったケーキはそれぞれ持ち帰り、各家庭では少し早めのクリスマスケーキが食卓を飾ったそうです。




必要な材料を慎重に計量するその眼差しは、真剣そのものでした。生地をロール状にすることが意外と難しく、思った形になるまで何度も挑戦します。


女子生徒が作ったケーキは、販売されているような可愛らしいデコレーションが特徴的でした。男子生徒が作ったケーキは、とても賑やかな仕上がりになりました。


14:59
2017/12/20

自己理解・他者理解講演会を開催しました

| by:一般
 12月20日(水)、全校生徒が日野町文化センターにて、島根大学大学院教育学研究科 宮﨑准教授から『自分に合った!自分の「強み」を生かした!「学習や生活の仕方を考えていこう!」』との標題で講演を聴きました。
 講演では、イラストやクイズを多く使用され、生徒も周囲と相談しながら楽しく今後の学習や生活の仕方について考えることができました。
 宮﨑
准教授の「自らの得意分野や特性に気付いて、そこを伸ばしてほしい。」というお言葉に、生徒は配布されたワークシートを使って自身の特性を理解しようと取り組んでいました。




画面に何が写っているのかクイズが出されました。「視点を変えれば見え方が変わる。人間関係も同じ。」ということを教えていただきました。言葉や文字を絵で覚えたり、語呂合わせを使うと記憶しやすくなることを学びました。



13:55
2017/12/19

日野町黒坂地区の独居老人宅にお餅をお届けしました

| by:一般

12月19日(火)、アグリライフ(農業)系列の3年次生が、黒坂施設近辺にお住まいの独居老人宅にお餅をお届けするため、年の瀬恒例の餅つきを行いました。

男子生徒はお餅をつき、女子生徒は、地域の方と一緒につきたてのお餅を丸めていくという作業を約2時間に渡り行いました。

この日、4,200個のお餅ができ、その一部を生徒会執行部の生徒6人と、アグリライフ系列の生徒3人が直接お届けに伺いました。訪問宅では何度も御礼を言っていただき、地域の方の役に立てた喜びを感じることができました。




みぞれが降るような気温の中、半袖で一生懸命にお餅をつく生徒もいました。初めは上手に丸めることにも苦労しますが、次第にコツをつかんでいきました。


包装をする際に「元気でよい正月をおむかえください。」とメッセージを添えました。生徒が「僕が真心こめてついたお餅です。」とお渡しすると、大変喜ばれていました。


15:47
2017/12/19

美術部に感謝状が贈呈されました

| by:一般

今年の秋に実施された「日野町読む読むキャンペーン」にて、ポスターのイラストを担当した美術部の5名へ、同キャンペーンを主催する「日野町子どもの読書推進委員会」より、広報活動への協力に対する感謝状が贈呈されました。

ポスターを見た町の方からは「絵が上手なうえ、発想も斬新で驚いた。」等の声をいただき、生徒も広報に貢献できたことに照れながらも喜びを噛みしめていました。




感謝状をいただけたことが嬉しく、皆照れた表情を浮かべていました。「ハロウィンの夜」をイメージして描きました。


「アリス」をイメージして描きました。「読書の秋」をイメージして描きました。


「魔物の読書の秋」をイメージして描きました。「風」をイメージして描きました。


11:18
2017/12/18

「性同一性障がい」について講演を聴きました

| by:一般

12月18日(月)、全校生徒が日野町文化センターにて、ジー・アイ・ディーKAZOKUの会代表 前田良さんから「僕は父親になった~性同一性障がいの父親とその家族~」との標題で講演を聴きました。

前田さんは女性として生まれますが、20歳で「性同一性障がい」と診断を受けるまで心と体の性の違和感と葛藤した日々を送られ、その後も、「性同一性障がい」に起因する苦い御経験を約90分に渡ってお話しいただきました。

この日の講演を通して、性的マイノリティへの理解を深めるとともに、自身が差別や偏見をしていないかを見直す良い機会となりました。




前田さんが体験された差別や偏見に、胸が苦しくなるようなお話もありましたが、生徒は終始真剣に耳を傾けました。講演後、前田さんへ生徒会長よりお礼を述べた中で「差別を許してはいけないと思いました。」その言葉に前田さんも頷かれていました。


12:03
2017/12/14

課題研究発表会を実施しました

| by:一般

12月14日(木)、3年次生が4月から取り組んできた『課題研究』の授業の研究成果の発表会を実施しました。

今回、3年次生は4つの教室に分かれ、来年度から『課題研究』に取り組む2年次生と、研究でお世話になった地域の方が見守る中、発表を行いました。

1月20日(土)に行われる「学びの成果発表会」では、全体の発表の中で優秀だったチームによる発表や展示、開発商品の販売を行います。




『空き家対策』チームでは、2年次生から「空き家の調査時にどのような苦労があったのか」と質問があり、発表者からは何軒も回ってこそ気付いた体験談が語られました。『日野町根雨のポストカード作り』チームでは、自作のポストカードを配ると、「手書きのイラストで良い味が出ている」など評価の声がたくさん上がりました。


『日野の食材を使った商品開発』チームでは、地域の事業所と共同開発したドーナツを試食として配り、「日野高ショップ」などで販売した実績や反応を発表しました。『里山の花』チームでは、調査範囲の広さに驚きの声が上がりました。質疑応答の場面では農業担当の教員から鋭い質問が出ましたが、堂々と回答していました。


17:37
2017/12/13

農業高校対抗料理コンクール3年連続グランプリ受賞!

| by:一般

12月13日(水)、アグリライフ(農業)系列の3年次生4名が、鳥取市賀露町「食育交流ホール とりっこ広場」にて開催された「第22回農業高校対抗料理コンクール」に出場し、3年連続となるグランプリを受賞しました。

今回のテーマは、いずれも鳥取県産である「鶏肉」、「きぬむすめ」、「大山乳業の牛乳」を使用したオリジナルレシピであり、味や見た目はもちろん、調理時間、アイディア、チームワークといった点も審査の対象になりました。

 コンクールに向けて夜遅くまで練習を重ね、より良くするための意見を遠慮なく出し合ったことなどが見事に結果として現れ、3年連続の受賞となりました。

 本校のグランプリ受賞メニューは、鳥取市の「微笑みレストラン大国亭」にて期間限定で登場する予定ですので、ぜひご賞味ください。


【冬のサンフィールドディナー】

<オードブル>

 鶏ムネ肉のコンフィ ブルーベリードレッシング

<サイドディッシュ>

 チキンソテーのサラダ ハニーマスタードソース

<スープ>

 ライスポタージュ

<メイン>

 ライスロール白菜

<デザート>

 ライスティラミス




2年連続の同メンバーとあって、結束力には自信がありました。来年もグランプリを目指し、後輩にその思いを託します。メニュー名は【冬のサンフィールドディナー】で、地域の食材にこだわると同時に、サン(日)フィールド(野)と名称にもこだわりました。


17:06
2017/12/13

「知っておきたい年金のはなし」の講演を聴きました

| by:一般

12月13日(水)、3年次生全員で日本年金機構米子事務所の齋藤幹さんによる「知っておきたい年金のはなし」との標題で講演を聴きました。

卒業後、多くが社会人となる3年次生にとって参考になるお話ばかりで、年金を受給できるのは高齢者だけではないということや、納付の免除・猶予・特例といった制度の重要さを知った生徒は、隣同士で驚きの表情を浮かべるといった場面もありました。

この日の講義を通して、年金制度の大切さと、いよいよ社会人になるのだという自覚を再認識する良い機会となりました。




非常に分かりやすい資料をご用意いただいたおかげで、年金についての理解が深まりました。生徒からは、給付額の仕組みについて質問があり、早期から納付することの重要性を学びました。


15:11
2017/12/11

キャリア教育LHRで「職業選択について」講演を聴きました

| by:一般

12月11日(月)、1年次生が(株)キッズコーポレーションの専属講師である石橋知也さんから「職業選択について」講演を聴きました。

この日は、主に「進路を実現するため高校生活で身につけること」と、「進学により広がる選択肢」について話していただきました。

今後の学校生活の在り方について真剣に考える良い機会となりました。



テレビ番組にも数多く出演されている講師の説得力あるお話に、ほとんどの生徒が集中力を切らさず聴きました。


14:47
2017/12/09

「飛び出せ日野高プロジェクト」を実施しました

| by:一般

12月8日(金)・9日(土)に、兵庫県神戸市灘区にある「いしはら商店」において、「飛び出せ日野高プロジェクト」と題した「日野高ショップ」の県外販売を行いました。

今回参加した情報ビジネス系列の3年次生4名は、主にお客さんの呼び込みやレジ対応を行い、アグリライフ系列の3年次生1名と2年次生2名は、販売商品の説明や試食対応を行うなど、それぞれの役割をしっかりと果たしました。

生徒は慣れない土地での実習とあって、思ったようにいかない場面を何度も経験しましたが、多くの商品を完売することができ、最後は皆晴れやかな表情をしていました。

この販売実習での学びについては、1月20日(土)に行われる「学びの成果発表会」にて、発表します。




限られた販売スペースでどのように商品を陳列するか意見を出し合いました。商品を陳列し終えると、その様子を伺っていた通りすがりのお客さんが次々と来られました。


ご購入いただいたお客さん向けのアンケートでは「遠くからよく来てくれたね」と温かいお言葉をかけていただきました。気温も低く、風も冷たい日でしたが、自分たちが製造した商品が売れると嬉しいもので、自然と踊ってしまいました。


「ひのこう」ジャンパーを着用し、一致団結して頑張りました。販売実習が終わり、出店スペースをご提供いただいたお店の方に全員でお礼を伝えました。


14:36
2017/12/07

黒坂小学校の収穫感謝祭にお招きいただき交流を行いました

| by:一般

アグリライフ(農業)系列の2年次生で、『生物活用』の授業を選択している生徒13名が、日野町立黒坂小学校にて行われた収穫感謝祭にお招きいただきました。

感謝祭では、小学生による出し物として銭太鼓や、授業で地域を研究した成果の発表を聞いた後、体育館で一緒に遊技を行いました。

 そして、昼食は交流授業で収穫した農作物を使って小学生が作ったカレーライス、豚汁とスイートポテトを参加者全員で美味しくいただき、楽しい交流の時間を持ちました。



黒坂小学校の全校児童による熱烈な歓迎を受けました。小学生による出し物では、交流時に学んだ農作物の育て方についてのまとめ発表や、クイズも出題されました。


収穫した農作物を使ったカレーライス、豚汁、スイートポテトを大変美味しくいただきました。収穫感謝祭の終わりに、生徒から招待いただいたお礼と、1年間、交流した感想を一人ずつ述べました。


13:06
2017/12/06

平成29年度 鳥取県高等学校郷土芸能大会に出場しました

| by:一般

12月6日(水)に日野町文化センターにおいて、鳥取県高等学校郷土芸能大会が開催されました。

本大会には、本校の郷土芸能部10名が出場すると同時に、生徒会執行部員6名が大会運営役員として参加し、さらに1年次生全員が鑑賞しました。

出場校は、倉吉農業高校、智頭農林高校、米子白鳳高校と本校の4校で、各校とも白熱した演目が続き、客席からは大きな拍手が何度も送られていました。

運営役員として参加した生徒も、会場アナウンスや出演者インタビューなど、それぞれの役割をしっかりと果たしていました。

本校の郷土芸能部は優秀賞をいただき、平成30年11月に徳島県で行われる「近畿高等学校総合文化祭」への出場が決まりました。応援ありがとうございました。




女子生徒による会場アナウンスで大会の進行が滞りなく行われました。男子生徒による出演者インタビューでは、即興の質問もあり、出演者が感極まる場面もありました。


本校の郷土芸能部による荒神神楽「八重垣能」では、“技”が決まる度に大きな拍手をいただきました。3年次生の公式大会への出場は今回が最後でした。目指していた賞はいただけませんでしたが、後輩たちに思いを託します。


15:15
2017/12/04

「産業社会と人間」自己PR発表を行いました

| by:一般

1年次生が「産業社会と人間」の授業で、11月に学んだプレゼンテーションのノウハウを活かし、それぞれの生徒が「私の気に入っているところ」についての自己PRを考え、一人ずつクラスメイトの前で発表しました。

多くの生徒が、恥ずかしそうな素振りを見せながらも、「明るいところ」、「友達思いなところ」、「部活が好きなところ」などを個性豊かに発表し、発表が終わるごとに温かい拍手を送り合いました。

 今回の経験を活かし、1月20日(土)に行われる「学びの成果発表会」で、先輩や地域の方に向けて1年間学んだ成果の発表を行います。




緊張しながらも、懸命に発表する姿にクラスメイトも真剣に耳を傾けます。「友達の良い発表の仕方を真似しよう」という課題もあり、内容以外の部分もしっかり見聞きしました。


16:27
2017/12/02

第6回日野高ショップ

| by:一般

第6回日野高ショップを、前日の12月1日(金)にオープンしたばかりの「金持テラスひの」(日野町)で開催しました。

今回、販売した商品の中で、3年次生が課題研究の授業でレシピを開発し、地域の事業所さんに製造いただいた「エゴマの葉ドーナツ」、「ポン米ドーナツ」、「トマトマドレーヌ」についてお客さんに「これはどのような商品ですか?」と尋ねられることが多く、販売担当の生徒は教員にアドバイスを求めながらも、終盤には自らの言葉で説明し、商品を購入していただける喜びを感じることができました。

たくさんのご来場、ありがとうございました。




初めて利用する会場とあって、陳列棚や商品をどのように配置するか、生徒同士で意見を出しながら決め、開店準備を進めていきました。開店時間になると販売生徒全員が整列し、代表生徒(店長)が抱負とあいさつを述べると、大きな拍手が起こりました。


食品・加工品レジには開店を待ちわびていたお客さんによって長蛇の列ができました。多くの商品が完売し、大いに賑わいました。草花・野菜レジでは、両手に持ちきれないほど購入される方もおられ、生徒が間違えないよう慎重に計算しているという場面もありました。


15:39
2017/12/01

日野町ニホンミツバチの会の皆さんとミカン苗の雪囲いを行いました

| by:一般

「農業と環境」の授業を選択している年次生13名が、本校校舎前にある休耕田にて、ミカン苗の雪囲いを行いました。

このミカン苗は、今年の3月に「日野町ニホンミツバチの会」の皆さんが、ニホンミツバチが採蜜するために生徒と一緒に植えた木で、この日も会の皆さんと一緒に実施しました。

 生徒は慣れない作業に苦戦しながらも、「美味しいミカンが育ってほしいですね」と、会の方と談笑を交えながら着々と作業を進めていきました。




先生による実演をしっかり見聞きします。数をこなしていくうちに、生徒だけで雪囲いを作れるようになりました。



13:11
2017/11/30

「課題研究」でひのっこ保育所を訪問し、演奏会を行いました

| by:一般

「演奏会をやってみよう」というテーマで課題研究に取り組んでいる3年次生2名が、ひのっこ保育所の年長さん12名を対象に演奏会を実施しました。

 この日は、アニメ主題歌「勇気100%」と「あわてんぼうのサンタクロース」を一緒に歌い、「おもちゃのチャチャチャ」では歌いながら楽器を一緒に演奏しました。

 園児のみんなは、3曲とも大きな声で歌ってくれ、生徒は自ら企画したプログラムに手応えを感じ、お互いに楽しい時間を過ごしました。




園児は歌詞を見ずに歌うことができました。楽器演奏の息もぴったりです。


16:07
2017/11/24

日南町のPR動画を製作しました

| by:一般

情報ビジネス系列の3年次生15名が、「ビジネス情報」の授業で、日野郡日南町のPR動画を製作するため、日南町を訪問しました。

動画を撮影するにあたり、生徒は社会人講師より、カメラ(タブレット端末)の持ち方や、ストーリーの組み立て方、動画の編集方法について学びました。

生徒は3班に分かれ、日南町の特徴といえる「トマト」、「木材」、「自然と食」のテーマに沿ったロケ地へ出かけました。

各班とも、テーマについて事前に調査した内容をもとに担当者の方へインタビューを行いました。

今回撮影した動画は、12月中旬頃に完成予定であり、日南町内のケーブルテレビ「ちゃんねる日南」にて紹介していただきます。




動画撮影の心得を教えていただきました。

動画編集の練習では様々な手法を教えていただきました。


「トマト」班は、トマトをふんだんに使ったジュースやソフトクリームを紹介していただきました。「木材」班は、壁面など至る所に町内産の木材が使用された部屋を案内していただきました。

「自然と食」班は、“食”を満喫した後、動物や自然とふれあいました。



17:45
2017/11/23

「ソフトテニス講習会 in hino town」に参加しました

| by:一般

日野町教育委員会が主催する「ソフトテニス講習会」にソフトテニス部員13名が参加しました。

講習会は、本校のテニスコートで行われ、日野郡内を中心に県西部地区から小中高生ら200名近くが集まり、「いつものコートが狭く感じる」と本校部員らは興奮した様子で開会式に臨みました。

今回、日頃からお世話になっている日野町スポーツ指導員である花田周弥さんを始め、全日本選手権等で優勝経験のある国内トッププレーヤー4名が講師となり、ウォーミングアップのやり方からボールの打ち方まで、約5時間に渡る講習を受けました。

講師らによるエキシビジョンマッチが始まると、見たこともない鋭い打球やそれに反応する判断力、さらに衰えないスタミナを目の当たりにした部員からは「次元が違いすぎる」と、驚きの表情を浮かべていました。

多くの刺激を受けた部員たちは、目の前で見た素晴らしいプレーや教えを忘れないよう、今後もさらに練習を重ねていきます。



約200名の参加者が集まりました。全員で準備運動を行いました。


ボレー練習を順番に行いました。講師のエキシビジョンマッチでは練習時から鋭い打球が行き交い、目が離せません。


15:39
2017/11/21

根雨の町中を花のプランタで装飾しました

| by:一般

「フラワー装飾」の授業を選択している3年次生の生徒4名が、日野町の根雨駅、根雨郵便局にて地域の方と一緒に、プランタへ花壇苗の植え付けを行いました。

男子生徒が中心となって、既にプランタに入っている土と新しい土を混ぜ合わせ、プランタ内の土を入れ替える作業を行い、女子生徒が中心となって、新しい土にビオラを植え付けていきました。

植え付け作業を手伝ってくださった地域の方からは「新しい土に4色のビオラが咲いて、とてもきれい。町が明るくなったような気がする。」と、非常に喜ばれた様子で生徒に感謝の気持ちを伝えてくださいました。

その後、全員で作業時にプランタからこぼれた土の片づけと清掃を行い、この日の澄み切った青空のように誰もが清々しい気持ちで植え付けを終えることができました。




作業前に自己紹介を行いました。白・紫・黄・ピンク色のビオラを植えていきました。


16:33
2017/11/20

「産業社会と人間」プレゼンテーション

| by:一般

1年次生45名が「産業社会と人間」の授業で、プレゼンテーションの技術について社会人講師より学びました。

前半は、プレゼンテーションとは“コミュニケーション”であることを教えていただき、話す方は、表情や声の大きさ、ジェスチャーを取り入れ、聞く方も、話している人のことを見る、反応をしてあげるといった、日常のコミュニケーションそのものだということを学びました。

 後半は、代る代るペアになって「最近あった良かったこと」、「あなたの良いところを褒めよう」というワークを行いました。始まった直後は照れがあったものの、時間が経つにつれて盛り上がり、多くの生徒がペアになった相手の新しい一面を発見することができました。

まずは、来年1月の学びの成果発表会に向けて、プレゼンテーション力をさらに磨く必要があると実感した授業になりました。




ペアになってプレゼンテーションの練習を行いました。「良い言葉を発することで、脳に良い刺激を与えます」という講師の言葉が印象的でした。



16:29
2017/11/20

「ミュージックセラピー」訪問演奏会

| by:一般

「ミュージックセラピー(音楽療法)」の授業を選択している3年次生の生徒が、日野町内にある介護施設『おしどり荘』を11月6日(月)に、『あいご』を11月20日(月)に訪問し、演奏を行いました。

生徒は電子ピアノ2台でそれぞれメロディと伴奏を担当し、「少年時代」や「赤とんぼ」、「ふるさと」といった幅広い世代に親しまれている曲を約30分に渡り演奏しました。

 施設の利用者さんはご存知のメロディが流れると、一緒に歌われたり、大きな拍手をされたりして、それぞれの会場で大いに盛り上がりました。

全ての演奏が終わると利用者さんから「楽しい時間をありがとう」、「また来てね」と生徒に声をかけておられ、生徒も練習成果を存分に発揮したことで、やりがいを感じることのできた2日間になりました。




『おしどり荘』では、多くの方に歌っていただきました。『あいご』では、曲ごとに大きな拍手をいただきました。



14:26
2017/11/20

根雨小学校4年生と「車いす体験」を行いました

| by:一般

『社会福祉基礎』の授業を選択している2年次生の生徒8名が、日野町立根雨小学校の4年生10名と一緒に、「車いす体験」を行いました。

小学生に体験を通じて福祉への関心を持ってもらうだけでなく、生徒が車いすの基本操作や介助方法を教えることによって、福祉の知識・技術の定着を図る目的で、今回の交流授業を実施しました。

授業が始まると、生徒と小学生がペアになり、車いすに乗るまでの順序を丁寧に教えてくれる高校生に最初は緊張していた小学生たちも次第に心を開いていきました。

実際に校舎内で車いすに乗って移動すると、小学生からは「スピードが出ると怖かった」、「小さな段差でも越えるのが大変だった」など、車いすを押してもらう人の優しさや周りの人の手助けの大事さに気付くことができた貴重な機会となりました。


車いすへの乗り方の順序を教えていきます。

実は難所の多い校舎内を車いすで移動しました。
体験を通して車いすに乗っている人の気持ちを考えました。生徒も小学生も学びが多く得られた良い交流授業になりました。





12:01
2017/11/16

黒坂小学校3・4年生と「脱穀」を行いました

| by:管理者

 アグリライフ(農業)系列の2年次生で、『生物活用』の授業を選択している生徒13名が、日野町立黒坂小学校の3・4年生9名と一緒に、「脱穀」を行いました。
 この日「脱穀」した稲穂は、今年の9月に同じ生徒らで稲刈りしたもので、すでに結束力のある高校生&小学生グループの息はぴったり。作業は滞りなく進みました。
 時折、高校生が「もう少しゆっくり稲を引いた方が効率良いよ」とアドバイスを送ると、コツを得た小学生は「気持ちいい!」と笑顔が飛び交い、生徒たちは有意義な交流の時間を過ごすことができました。

千歯扱きを使って籾(もみ)を落としていきます。千歯扱きの後は、まだ穂が残っている籾(もみ)を一粒ずつ分離させていきます。
脱穀した稲わらを使って、小学生が自発的に掃き掃除をしてくれました。唐箕(とうみ)を使って葉っぱや茎などのゴミを取り除きます。


18:18
2017/11/08

「課題研究」開発食品試食会

| by:管理者

 「日野郡の食材を使ってスイーツを開発する」というテーマで課題研究に取り組んでいる3年次生5名が、関係者を対象に試食会を開きました。
 試食会にあたり、趣旨に賛同いただいた郡内の事業所などに生徒が考案したレシピでスイーツを製造していただきました。
試食していただいたスイーツは、
・海藻米のポン菓子の粉末を使った『ポン米ドーナツ』
・エゴマの葉の粉末を使った『エゴマの葉ドーナツ』
・エゴマのミールを使った『エゴマクッキー』
・トマトのジャムを練りこんだ『トマトマドレーヌ』
の4品で、参加者からは「ぜひ商品化してほしい」といった評価の声を多くいただきました。
 これらの開発食品は、今後、日野高ショップでも販売する予定です。

お皿に一口サイズのスイーツが並べられ、味の違いを楽しみながら試食していただきました。レシピを考案した生徒が関係者の前でプレゼンテーションを行いました。


18:04
2017/10/25

第16回日野高祭 体育の部

| by:管理者

台風21号の影響で延期となりましたが、無事予定していた種目を実施することができました。
3年次生にとっては最後の体育祭、クラス一丸となって取り組む姿がみられました。

玉入れ
女子タイヤ取り
男子綱引き
クラス対抗リレー


20:17
2017/10/23

【保護者の皆様へ】10月25日(水)の体育祭の開始時間について

| by:管理者
台風21号の影響により10月23日(月)を臨時休業としたため、第16回日野高祭・体育の部は10月25日(水)に延期して実施する予定としています。
10月25日(水)は、朝からグラウンドの準備等を行うため、体育祭の開始時刻(開会式)が午前10時10分となりますことをお知らせいたします。
なお、10月25日(水)にグラウンドの状態により、外で体育祭が実施できない場合は、種目を変更して体育館で実施する予定でありますことも、併せてお知らせいたします。(この場合、開始時刻(開会式)は午前10時となります。)
多くの保護者の皆様の来校をお待ちしています。
11:41
2017/10/22

10月23日(月)は臨時休校とします

| by:管理者
10月23日(月)の日程について
臨時休校とします。
生徒は自宅学習をしてください。
20:44
2017/10/21

第16回日野高祭 文化の部(2日目)

| by:管理者

この日は、模擬店、クラス催し、実行委員会企画、日野高ショップ、郷土芸能部による公演、PTA催しが行われました。
特に、模擬店の当日券は完売し、おいしいと好評でした。

郷土芸能部公演
日野高ショップ
3年次生模擬店の調理
美術部作品展示
3年次生模擬店
射撃部による射撃体験
1年次生クラス展示
PTAによる豚汁・焼き芋提供


20:10
2017/10/20

第16回日野高祭 文化の部(1日目)

| by:管理者
この日のメインは、各学年のステージ発表でした。
各学年、工夫を凝らした発表で、全力を尽くしてくれました。

  
学校長挨拶
クラス旗・ユニフォーム紹介
クラスステージ①
クラスステージ②
クラスステージ③
クラスステージ④

20:03
2017/10/06

性教育講演会

| by:管理者

  本校体育館にて性教育講演会を実施しました。講師の、朴 大昊(パクテホ)氏に『生きること、死ぬこと』という演題でお話をして頂きました。朴先生は、現在、鳥取大学医学部地域医療学講座、家庭医・指導医であり、また、日野病院総合診療科で診療にもあたっておられます。ご自身が、学生時代、国際保健医療貢献活動としてスーダンに医療支援に行かれたご経験や沖縄の離島での診療活動の中で、「命の平等とはなんだろうか」「人の為になるとはどういうことなのだろうか」と心の中で模索しながら、命に向き合っておられた事をお話して頂きました。そして、生徒自身がどんな人生を望むのかを深く考え続けると共に、人の為に何が出来るのか、幸せとはなんだろうかと、考え続けながら、夢に向かって進んでいってほしいというメッセージをいただきました。

講演会の様子


16:32
2017/09/29

2年次生 日野町高校生議会に参加

| by:管理者

 日野町議会議長及び日野町長の開会挨拶のあと、生徒代表の3名が高校生議員として質問に立ちました。町長、担当課長の答弁に対し、いずれの高校生議員も再質問で応えました。
 傍聴していた生徒たちも、緊張感のある議場の雰囲気を感じることができ、有意義な時間となりました。

 
開会前
議長挨拶
議会の様子
高校生議員による質問①
高校生議員による質問②
高校生議員による質問③


16:38
2017/09/26

後期生徒会長選挙

| by:管理者
3名の立候補があり、各々学校に対する思いを熱く語ってくれました。
選挙の結果、2年次生の小谷さんが後期生徒会長に当選しました。
今後の活躍を期待します。

 
前期生徒会長退任挨拶
後期生徒会長就任挨拶

16:28
2017/09/25

2年次生「社会福祉基礎」あいサポーター研修

| by:管理者
2年次生の選択授業「社会福祉基礎」で、あいサポーター研修を行いました。
「あいサポート運動」は、多様な障がいを理解して、障がいのある方が必要としている手助けや配慮を実践し、共に生きる社会を作っていく運動で、平成21年に鳥取県で始まりました。研修では、障がいは誰にでも生じうる可能性があり他人事ではないこと、障がいが理解されず苦しんでいる人もいること、個々の障がいに合わせた支援が必要であることなどをDVDやハンドブックを使って学びました。
平成29年9月には、「あいサポート条例(愛称)」が鳥取県で施行されました。障がい者が暮らしやすい社会づくりに向けて、あいサポーターとして活動して欲しいと思います。
生徒の感想:
自分が思っていた以上に様々な障がいがあり、それに応じた配慮が必要なことが分かった。
自分から進んで障がいがある人に声をかけたり手助けしたいと思いました。
障がいは人ごとではない。
これからは周りをもっとよく見て、困っている人がいたら助けたい。

様々な障がいと必要な配慮を学びました
7名のあいサポーターが誕生しました

16:24
2017/09/15

球技大会

| by:管理者

後期球技大会が行われました。晴天にも恵まれ、生徒たちは元気よく球技に臨みました。

  
足立教頭挨拶
準備運動
 
ソフトボール
ソフトテニス
 
バレーボール
表彰式


16:06
2017/09/08

3年次生「食文化」郷土料理実習「大山おこわ・じゃぶ汁」

| by:管理者

 3年次生の選択授業「食文化」で、鳥取県民の日(9月12日)を前に郷土料理の実習として、江府町の『おかもと旅館』さんのご協力のもと「大山おこわ」と「じゃぶ汁」を作りました。
 「大山おこわ」は昔、険しい大山道を行き来する旅人が腹持ちの良い道中食として欠かせなかったことや、「じゃぶ汁」はお肉がまだ希少な時代、代わりに地元産の野菜をふんだんに使用した日野峡(だに)の伝統料理であるということなど、実習を通して学びました。
 大山開山1300年祭を前に盛り上がる郷土に伝わる食文化や伝統に、理解を深めることができました。

  
もち米と具材をしっかり混ぜ合わせます
的確なアドバイスをいただきました


18:39
2017/08/10

第4回日野高ショップ

| by:管理者

第4回日野高ショップを日野町山村開発センターで開催しました。
 オープニングイベントとして3年次生で音楽の授業科目を選択している生徒と教員による発表を行い、大いに盛り上がりました。
 花はアスター、シンテッポウユリ、トルコキキョウを販売しました。
 また、日野高産の夏野菜やケチャップなど、地域とのコラボレーション商品としてえごま味噌など、日野高’sチョイスとして打吹公園団子を販売しました。
 また、今回は生徒会からの呼びかけで、7月上旬の九州北部豪雨災害に対する募金活動を行い、多くのお客様の御協力をいただきました。ありがとうございました。

 
山村開発センターで初開催
 音楽科目選択生徒による発表
 
 開店前の店長挨拶
 販売の様子


16:56
2017/08/07

「ふるさと日南邑人間力アップ!合宿」は実施予定です

| by:管理者
8月7日(月)に強い台風5号が西日本を通過することが予想されていますが、8月8日(火)・9日(水)に予定しています「ふるさと日南邑人間力アップ!合宿」については、8日(火)の朝には台風も通過する見込みであることから、実施する予定としています。
10:05
2017/08/02

「課題研究」たたらんちデザート試食会

| by:管理者
 8月2日(水)、日野郡のご当地ランチ”たたらんち”の魅力アップをテーマに課題研究に取り組んでいる選んだ3年次生2名が、地域食材を使った「えごまパンナコッタ」を開発し、関係者にプレゼンテーションする会を開きました。
 参加者からは、「えごまの粒がたたらの砂鉄や鉄をイメージ出来る」、「健康食材えごまをうまく使っていて健康志向の高い人に注目されそう」と好評でした。
 たたらんちのデザートに採用していただけるといいですね。

 
作り方デモンストレーション
開発品の特徴を説明

17:00
2017/07/08

第3回日野高ショップ

| by:管理者

 第3回日野高ショップは、初めて江府町の「道の駅 奥大山」で開催いたしました。オープニングセレモニーとして音楽部によるミニコンサートを、また、販売後半の時間には、郷土芸能部による荒神神楽を披露し、炎天下にもかかわらず、多数の方に応援をして頂きました。たくさんの御来場ありがとうございました。

 
音楽部によるミニコンサート
店長挨拶
販売実習の様子①
販売実習の様子②
 
販売実習の様子③
郷土芸能部による荒神神楽
 
アグリライフ系列の生徒による商品説明・販売
荒神神楽を観覧されているお客様


11:40
2017/06/22

介護職員初任者研修 救急救命法講習会

| by:管理者

 6月20日(月)~22日(木)、3年次生の「生活と福祉」「介護福祉基礎」選択者4名が、介護職員初任者研修の一環として救急救命法を日本赤十字社指導員の方から学びました。
 AEDを使った心肺蘇生だけで無く、担架の搬送や止血方法など、多岐にわたる救急法を教えていただき、緊急時に必要な知識と対応方法を習得しました。

止血法
心肺蘇生


15:05
2017/06/11

鵜の池マラソン

| by:教員

 心配された天気でしたが、スタート時には晴れ間が見え、1年次生39名が地元で開催された鵜の池マラソン(ファンラン部門)に参加し、1周2.3kmを走り抜けました。
 閉会式後には、ボランティア活動(テントの片付け)も行い、予め用意したお弁当をいただいた後、日野高校までの約7kmを歩いて帰り、苦しさから逃げずに頑張る力や最後までやり遂げる力の育成に取り組みました。
生徒からは「友達と楽しく走りきることができ良かった」「応援してくださる方々に励まされ、走りきれた」「とにかく完走でき良かった。楽しいマラソン大会になったと思う。疲れたけど、仲間との絆が深まったと実感できた一日でした。」「最初は正直嫌だったけど、チームの人とコミュニケーションをとることができ、マラソンも自分のペースで走ることができ良かったです。帰りの徒歩7kmも大変だったし、すごく疲れたけど楽しく話しながら歩くことができ良かったです。」などの感想がありました。
  
準備運動
スタートの様子
  
閉会式
後片付け
  
集合写真
校内での表彰式



09:35
2017/06/03

校内清掃

| by:教員
 県高校総体初日の6月3日(土)、大会に出場している生徒を除いた約92名の生徒たちが、校内清掃を行いました。1年次生は双葉寮、2、3年次生は校地内の植え込みやテニスコート横の階段をきれいにしました。主な業務は草取りです。また、各クラスに設置してあるゴミ箱を洗ってラベルを張り替えたり、中庭の池の水替えも行いました。さわやかな気候のもと、生徒たちもさわやかな汗をかきながら、作業にいそしみました。
  
双葉寮の清掃
 ゴミ箱のラベル張り替え

14:53
2017/05/19

制服着こなしセミナー(2年次生)

| by:教員
 2年次生を対象に制服着こなしセミナーが行われました。講師に山陰菅公学生服株式会社の山木さんをお招きして、講演をしていただきました。6月には職場体験を控えているということで、生徒たちは気を引き締めて講演を聞いていました。

  
第一印象は見た目で決まる!?
積極的に参加しました

16:39
2017/05/02

ゴミ出さないDay(でー)

| by:教員
 ゴミを出せない状況を作ることで、生徒たちにゴミ減量の意識を高める取組みとして、「ゴミ出さないDay(でー)」を実施しました。事前に生徒たちに告知をして、当日はなるべくゴミが出ないように工夫をしてもらいました。生徒たちはそれぞれ出たゴミを持ち帰り、学校ではゴミは出ませんでした。
 しかし、その後の環境委員の振り返りで、ゴミを捨てる場所が学校から家庭に変わっただけではゴミの減量にはつながらないのではないか、という意見が出ました。それを踏まえて、次回以降、ゴミを出さないようにするために、自分たちに何ができるのかを考える機会にしたいです。

16:31
2017/05/02

球技大会

| by:教員
 前期球技大会を実施しました。晴天にも恵まれ、生徒たちは元気よく競技に臨みました。

  
男子サッカー
卓球
  
男子バスケットボール
女子バスケットボール
  
バレーボール
表彰式

16:14
2017/04/28

3年次生「食文化」郷土料理実習「いただき・じゃぶ汁」

| by:管理者
 3年次生の選択授業「食文化」で、郷土料理の実習として鳥取県西部の「いただき」と日野峡の「じゃぶ汁」を作りました。
いただきは、油揚げにお米と野菜を混ぜたものを詰めて炊いたもの、じゃぶ汁は地元でめでたい日に食べられていた具だくさん汁です。
 本来のいただきは大きい三角の油揚げで大量に作りますが、今回は家庭で応用できるよう寿司揚げに詰め、炊飯器で炊きあげました。 じゃぶ汁には、地元特産の原木椎茸など沢山の具材と、ハレの日に食べられたということから白玉団子も入れました。
 日野町でじゃぶ汁の普及活動をされている方2名にサポートしていただき、「よばりょいや!」「まげななぁ~」など日野弁も教えてもらいながら楽しく実習・試食しました。初めていただきやじゃぶ汁を食した生徒も多く、実習を通して郷土に伝わる食文化や行事食に理解を深めることができました。
 
実習で作った「いただき」と「じゃぶ汁」

20:05
2017/04/14

環境LHR

| by:管理者
 全校生徒を対象に環境教育LHRを実施しました。
 鳥取県環境管理システム(TEAS)の意義、3R運動、校内の電気使用状況やゴミの分別について学び、環境へ配慮した行動をしようという意識を高めました。
 学習後、生徒には「環境のために今年度がんばりたいこと」を書いてもらいました。「3Rをもっとがんばろうと思った」「分別をしっかりし、ごみもできるだけ出さないようにしたい」「節電をがんばる」などの意見や、マイボトル・エコバッグの使用に興味をもったという感想が見られました。
  
環境LHRの様子①
環境LHRの様子②

20:01
2017/04/14

スマホ・ケータイ安全教室

| by:管理者
 高校生にもスマートフォンなど様々な情報通信機器が急速に広がっています。スマートフォンは、パソコンであり、インターネットを介して、個人情報の流出、名誉毀損、金銭トラブル等の犯罪に巻き込まれる危険性が大きくなりました。
 そこで、講師の先生を招いて安全な使い方についての理解を深める機会を持ちました。
 さらに今回は、黒坂警察署の方にJKビジネスに巻き込まれる危険性についても話を聞きました。
  
安全教室の様子①
安全教室の様子②

18:27
2017/04/08

入学式

| by:管理者
 平成29年度の入学式が挙行され、44名の新入生の入学が許可されました。たくさんの来賓や保護者が見守る中、日野高生として新しい学校生活がスタートしました。
 2・3年次生の有志による校歌紹介や郷土芸能部による神楽が披露されるなど、在校生も新入生の入学に華を添えてくれました。 穏やかな陽気に、朝には多くがまだつぼみであった校門の桜も、昼頃には8分咲きとなり、新入生の門出を祝ってくれているようでした。
 
学校長式辞
新入生代表宣誓
  
在校生有志による校歌紹介
郷土芸能部による荒神神楽

18:20
2017/04/07

着任式・始業式

| by:管理者
 桜のつぼみが色づく中、着任式と始業式が行われました。
 始業式では、校長先生から「出会い」「挑戦」「成長」をキーワードにお話がありました。生徒たちには、様々な人たちとの出会い、関わりを大切にして、失敗を恐れず多くのことに挑戦し、成長が実感できる1年となることを期待します。
 続いて新しい担任、副担任が紹介され、さわやかに平成29年度がスタートしました。
 
 
異動職員代表挨拶をする足立教頭
始業式の様子
  
永野校長式辞「出会い+挑戦=成長」
担任・副担任紹介

15:52

緊急連絡


 

 

保護者宛通信

10/18奨学金募集案内(大学等進学予定者対象)を掲載しました。(事務室)
09/14 PTA進路研修会(上級学校等視察)についてを配布しました

 

日野高ショップ

第4回日野高ショップを
11月10日(土)10時より
江府町「道の駅 奥大山」で開催します。
ご来場をお待ちしています。

ポスターはこちら

 

カウンタ

あなたは51752人目の来校者です。

マスコット