お知らせ

教頭会 会則

教頭会 会則


                          鳥取県公立学校教頭会会則  
                               
       第 1 章 総  則

(名称及び事務所)
第1条 本会は鳥取県公立学校教頭会と称し、事務局を会長が指定するところに置く。
 (目  的)
第2条 本会は鳥取県の各郡市小・中・養護学校教頭会の連合機関として、教頭職の立場から学校管理運営について研究し、その識見と職能を高め学校教育の振興に寄与するとともに、会員相互の福祉を増進することを目的とする。
 (事  業)
第3条 本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
  1.郡市小・中・養護学校教頭会及び他団体との連結提携に関すること。
  2.学校管理運営についての研究及び調査に関すること。
  3.教頭職のあり方ならびに福祉増進についての研究及び調査に関すること。
  4.教頭の地位の向上ならびに処遇改善に関すること。
  5.会員の互助ならびに親睦に関すること。
  6.その他本会の目的達成に関すること。
 
                     第 2 章 組  織

第4条 本会は県内各郡市小・中・養護学校教頭会をもって組織する。
第5条 本会に次の役員をおく。
  1.会長・・・・・1名
  2.副会長・・・・2名
  3.理事・・・・・15名
  4.事務局・・・・ 5名   (事務局長・事務局次長、会計幹事、IT推進員2名)
  5.専門部・・・・10名   (総務部長・副部長、研究部長・副部長2名、調査広報部長・副部長)
    各部とも部長、副部長、IT推進員1名おく。但し、研究部については副部長2名をおく。
  6.会計監査・・・3名
    但し、IT推進員については、暫定的な職とし、将来的には調査広報部へ移行する。
 (役員の選出)
第6条 会長・副会長及び事務局・各専門部役員と会計監査は理事会において会員の中から選出し、 総会の承認を得る。
  2.理事の人数は、会員が9名までは1名、10名を越えた場合は2名とする。
   (岩美郡,日野郡は1名、他の郡市教頭会から2名選出する。)
第7条 役員の任務は次の通りとする。
  1.会長は本会を代表し、会務を総括する。
  2.副会長は会長を補佐し、会長事故あるときはその職務を代行する。
  3.理事は会務を審議し、事業遂行上の決定を行う。
  4.事務局は、会務がスムーズに実施できるよう分掌事務の連絡・調整・執行に当たる。
  5.専門部は、各専門部の分掌事務の執行に当たる。
  6. 会計監査は会計を監査し、総会に報告する。
 (役員の任期)
第8条 役員の任期は1年とし、再任を妨げない。補充役員の任期は前任者の残存機関とする。
  2.役員は、任期が満了しても後任が就任するまで、その職務を行うものとする。
  3.原則として、副会長、事務局次長、専門部副部長の中から、次年度の会長、事務局長、専門部長を選出するものとする。

                           第 3 章  総    関
第9条 本会は次の機関を置き、会長がこれを招集する。
 1.総会 2.執行部会 3.理事会 4.各専門部会 
第10条 総会は最高の議決機関で、定期総会は年1回開催する。ただし、理事会が必要と認めたときは、臨時総会を開催することができる。
 (総会の権限)
第11条 総会に付議する事項は次の通りとする。
   1.会務及び決算報告・事業ならびに予算の承認。
  2.会長・副会長・理事ならびに事務局・各専門部役員、会計監査の承認。
  3.会則の変更。
  4.その他重要な事項。
 (執行部会)
第12条 執行部会は会務の執行機関で、会長・副会長・事務局・各専門部役員をもって構成し、次の事を審議する。
   1.会務の執行に関すること。
  2.庶務会計に関すること。
  3.理事会に提出する議案に関すること。
  4.その他の事項に関すること。
 (理事会)
第13条 理事会は総会に次ぐ議決機関で、会長・副会長・理事・事務局・各専門部役員で構成し、定期かつ必要に応じて開催し、次の事項を審議する。
   1.総会からの委任事項。
  2.会長・副会長・事務局・各専門部役員及び会計監査の選出。
  3.総会に提出する議案。
  4.その他重要な事項。
 (部 会)
第14条 本会の会務を処理するために、総務部・研究部・調査広報部を設け、部員は各郡市教頭から1名選出する。
  2.総務部は、渉外や会議に関すること等の任務に当たる。
  3.研究部は、研究に関すること等の任務に当たる。
  4.調査広報部は、調査や広報誌の発行に関すること等の任務に当たる。
 (専門部)
第15条 会長は事業遂行のため、理事会にはかり臨時に専門部を設けることができる。
  (事務局)
第16条 この会の業務の処理のため事務局を設ける。
  (会 計)
第17条 本会の経費は、会費その他の収入をもってあてる。
    2.会費は理事会で審議し、総会で決議する。
第18条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、3月31日に終わる。
    付 則
 1 本会の細則は、別に定める。
 2 この会則は、昭和57年総会(5月27日)後実施する。
 3 昭和58年5月28日、一部変更。
 4 昭和59年5月19日、一部変更。
 5 平成  2年5月19日、一部変更。
 6 平成  4年5月23日、一部変更。
 7 平成10年5月22日、一部変更。
 8 平成11年5月10日、一部変更。
 9 平成17年5月20日、一部変更。
10  平成19年5月18日、一部変更。
11  平成20年5月16日、一部変更。
12  平成21年5月15日、一部変更。
13  平成22年5月14日、一部変更。