青谷高等学校 校歌

                        作詞 校歌制定委員会
                        作曲 小 泉   恵

(1)鷲峰のみね空もさやけく  (2)紺青の波海原遠く
      新緑の丘萌えたちて       灯台の光はてなし
      天地は今さかりなり       道しるべはるけき彼方
      美わしや青谷なる里          学舎に真理を究め

      ここに集いて我等はゆかん    たゆみなく我みちをもとめん

      若き日の希望あらたに         若き日の願いゆたかに

 

 

沿革

昭和23年4月27日 鳥取県告示により、鳥取県立青谷高等学校(定時制)設置認可。

昭和23年5月 1日 第1回入学式挙行、青谷本校定時制普通科45名、鹿野分校定時制農業科29名入学
昭和26年4月 1日 高等学校統合により鳥取県立気高高等学校と改称。青谷校舎として全日制普通科設置。
              定時制は農業科及び農村家庭科に変更。
昭和28年4月 1日 高等学校再編により単独に鳥取県立青谷高等学校。全日制普通科(定員100名)となり、
              定時制募集停止。

昭和30年3月 8日 校歌制定。

昭和31年4月 1日 全日制家庭科(定員50名)を設置。

昭和38年4月 1日 普通科2学級増設。定員200名となる。

昭和41年4月 1日 普通科定員208名、家庭科定員52名となる。
昭和51年4月 1日 普通科1学級増設、家庭科募集停止。

平成 5年7月     中華人民共和国江蘇省太倉市太倉師範学校との交流を始める。

平成 7年4月     コース制(情報・国際・文理)の開始。

平成11年4月 1日 総合学科設置。定員160名。
平成15年4月     学力向上フロンティアハイスクール事業指定校(~平成18.3)
平成17年3月     総合学科定員152名となる。
平成20年6月20日 創立60周年記念式典挙行。
平成26年4月 1日 総合学科定員114名となる。


    
     昭和23年開設時仮校舎         昭和27年全景           昭和44年全景